4代目ジムニーの「四角さ」が何とも潔い理由

硬派な内外装でヘビーユーザーに応えた

さらに筆者は、スズキが2014年から展開するクロスオーバーSUVタイプの軽自動車「ハスラー」の登場も新型ジムニー、ジムニーシエラのカタチを生み出す要因になったのではないかと感じ、発表会場でチーフエンジニアの米澤宏之氏に聞いた。

「たしかに『ハスラー』や『イグニス』『クロスビー』が出たことで、SUVのラインナップの中での役割分担ができるようになりました。よってジムニーのデザインも、2代目のような機能重視に戻しました」(米澤氏)

ヘビーデューティSUVが新鮮に見える

発表会場には歴代ジムニーも展示してあった。新型が最近まで販売していた3代目より、むしろ2代目に近いことが一目瞭然だった。逆に3代目は角を丸めたフォルム、ボディ同色バンパーなどによって、乗用車に近づけた装いだったことに気づいた。

歴代ジムニー。手前から初代、2代目、3代目(筆者撮影)

3代目ジムニーがデビューしたのは、今からちょうど20年前の1998年。前の年にはトヨタ「ハリアー」やスバル「フォレスター」が登場しており、舗装路重視の乗用車的なSUVが流行する兆しがあった。ジムニーも時代に乗り遅れまいと、このようなデザインに転換したのかもしれない。

しかし、それから20年が経過して、前述の兆しは現実になり、さまざまなブランドが乗用車的なSUVを送り出した。昨今の状況は、正直言って食傷ぎみと思っている人もいるだろう。むしろジムニーのようなヘビーデューティSUVが新鮮に見える。

新型ジムニーのエクステリア解説図(スズキ配布資料)

そんな状況を見据えてこのカタチにしたのであれば、一歩先を行く考えであると評価できる。先月日本に導入された、同じヘビーデューティSUVのメルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型が、先代ジムニーのように角をやや丸めたデザインにしてきたのとは対照的だ。

次ページ新型ジムニーは、単なる四角四面ではない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT