iPhoneで撮る写真を「インスタ映え」させる技

「Live Photos」のエフェクトがすごすぎる

編集中に写真をタップすると、短い時間だが、元々の写真が表示され、編集後の写真と比較することができる。色味を鮮やかにするだけで、より写真が生き生きと見えることがわかるはずだ。

撮影後に加工するのは面倒というときは、フィルター機能を使うといい。カメラの右上に表示されるボタンをタップし、「ビビッド」などを選択すると色合いがより鮮やかになる。料理を撮るようなときは、温かさを表現するために、「ビビッド(暖かい)」や「ドラマチック(暖かい)」を選んでもいいだろう。標準設定のまま撮るよりも、後から見返したときにキレイだと感じるはずだ。

「Live Photos」のエフェクトを活用する

Live Photosは、シャッターを切る前後1.5秒を動画として記録しておく機能。iPhoneでは、画面上部のLive Photosボタンをオンにするだけで、簡単に利用できる。長時間じっくり向き合うわけではなく、すき間時間でチェックするSNSとは、相性のいい機能といえるだろう。実際、InstagramやLINEのように、アプリによってはLive Photosの写真をそのまま扱えることがある。「シャッター音が非常に小さい」という理由でLive Photosを使っているユーザーも多いだろう。

Live Photosは効果を4種類の中から選択できる(筆者撮影)

元々は前後1.5秒ずつの動きを記録しておくだけだったLive Photosだが、iOS 11では4種類のエフェクトを選べるようになった。標準以外では、「ループ」「バウンス」「長時間露光」を選択することができる。中でもバウンスは、動きを途中で逆再生され、おもしろい動画が作りやすい。決定的瞬間を繰り返し見せたいときに、活用するといいだろう。

また、長時間露光は、街の風景を撮ったときに便利。建物などの風景はそのまま写るが、動きのある人だけがブレた状態で表示される。プライバシーに配慮して、1人1人にボカしをかけるよりも、Live Photosを長時間露光にしてしまう方が手っ取り早い。ダイナミックな動きを静止画で表現できるのも、この効果の魅力といえるだろう。

次ページ加工しすぎてしまった!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT