意外と知らない、そもそも「おカネ」とは何か

池上彰が教える、"大人のための"教養教室

(イラスト:ケン・サイトー)

日本から遠く、ヨーロッパや北アフリカの地では、米ではなく「塩」がその役割を果たしていました。「給料」のことを英語で「salary(サラリー)」といいますが、これはラテン語で塩を意味する「サラリウム」から来ています。なかでもローマ人は、働く人々に塩を賃金として支払っていたのです。

なお、稲がいくら長持ちするといっても限界はあります。1年も経たつと味が落ちてしまいますし、湿気でカビがはえることもあります。こうして、稲や塩に代わって、物々交換の仲立ちをする「新たなもの」が求められるようになります。その結果、金(きん)や銀といった貴金属が使われるようになったのです。

これが「おカネ」の発生です。

おカネに「金(きん)」が選ばれた理由

貴金属は小さくて腐りません。持ち運びが簡単ですし、保存しておいても品質は変わりません。つまり価値が安定していますから、誰が売買の支払いとして使っても、安心して受け取ることができます。こうして、物々交換の社会は「貨幣経済」の社会へと発展することになりました。

この貴金属には、主に「金(きん)」や「銀」が使われました。そもそも金は光り輝いていて美しいので、価値あるものとして古くから人気がありましたし、大量に採れないので、とても貴重で価値も安定していました。そのうえ、青銅などに比べて軽く、持ち運びも便利でした。また、熱を加えればすぐに溶け、加工もしやすかったのです。

しかし、金(きん)や銀も長いあいだ使っていると、不便なことが起きてきます。物々交換で使われる食物などと違って腐ることがなく、まさに価値が“貯蔵”できるのですが、大量になると、とにかく重くて持ち運びが困難になってしまいます。

そこで、「これを持っていれば金と引き換えます」という約束を書いた紙(約束手形)を取引に代用するようになりました。これが「紙幣」の始まりで、約束手形を発行していた業者の中には、後に銀行へと発展していく者もいました。

(イラスト:ケン・サイトー)
次ページ兌換紙幣が登場
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。