外国人が心底驚いた日本人の「夏の過ごし方」

炎天下の中スポーツまでしちゃう根性

試合が始まってすぐ、コロンビアの選手にレッドカードが出され、コロンビアは10人で戦わなくてはなりませんでした。相手は1人少ないわけですから、日本にとっては非常に有利な状況です。ギリシャ人だったら誰もが「よし! 相手は少ないから試合をコントロールしやすくなった」と思うような展開です。しかし、私の友人たちが話していたのは「日本は戸惑っているように見えた」ということでした。

ワールドカップという大舞台。しかも大切な1戦目ということで、ほかのチーム同様、日本も綿密に作戦を立てていたと思います。もちろんそれは、11人対11人の試合を想定しての作戦だったはずです。でも、その状況は試合開始後すぐに崩れてしまいました。

状況が違いますから、用意していた作戦どおりにはできない。しかも相手は1人少ない状況ですから、普段と違うプレーをしてくる。そのような想定外の状況の中で日本は、自分たちのペースを取り戻すまでに時間がかかった。それを私の友人たちは「有利なはずの日本が戸惑ってしまった」と表現したのだと思います。

猛烈な暑さは行動パターンを変えてみるチャンス

予定どおりに物事が進まない中で生活をするのは、なかなか大変です。一定のペースを保つことができれば、無駄なエネルギーを使わないで済むことも確かだと思います。ですが、たまには生活のペースを変えてみるのもいいのではないかと思います。それによって、急な状況の変化にも対応できるようになるし、また普段とは異なる視点から物事をみるよいきっかけにもなります。

日本の強みは、よくオーガナイズされ、規律を持って行動することができる点だと思います。でも、たまにはギリシャの生活のように、次に何が起こるかわからないという中で生活してみてはどうでしょうか? もちろん疲れることもありますが、意外と楽しいものですよ!

日本の強烈な夏の暑さは、行動パターンを変える理由にもってこいかもしれません。普段のペースを保ちつつも、何か小さな変化を入れてみるのもいいかもしれませんね。でも、無理はせず、くれぐれもお体にはお気をつけください!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。