中国で大いに流行する「アニメ・漫画」の行方

待望される「国産ヒーロー」

巨大IT企業はマンガ、アニメへの投資を始めてはいるものの、まだディズニーの水準には及ばない。ディズニーはピクサー・アニメーション・スタジオを76億ドル、マーベル・エンターテインメントと「スター・ウォーズ」を製作するルーカスフィルムをそれぞれ約40億ドルで買収している。

公開されている記録によれば、テンセントは昨年以来、マンガ、アニメ関連企業10社以上に投資しており、同社の映画部門は国内アニメ製作を支援するためのプロジェクトを立ち上げている。

バイドゥが運営する「iQiyi」も国産マンガに巨費を投じつつある。同社が5月に発表したところによれば、中国の漫画家との契約や国産キャラクターの開発に2億元を投じる計画。これ以前にもアニメ関連プロジェクト10件に投資しているという。

マーベル風だが中国的なスーパーヒーロー

アリババとニュースアプリ「今日頭条」は、複数の制作会社を買収し、自社サイト内でアニメ配信プラットホームを立ち上げている。

ネットイーズは昨年ディズニーと契約を結び、マーベル風だが中国的なスーパーヒーローを生み出そうとしている。

ネットイーズ・コミックスでマーケティング・ディレクターを務めるLuo Qiandan氏によれば、同社は自社サイトから取得したビッグデータを用いて、マンガ愛好者が何を求めているか分析し、漫画家にフィードバックしていくという。

また同社は、その他にも中国風の水墨画技法や宗教的なテーマなどの要素を採用しつつある。

「中国的な要素、中国的なスタイルを使うことを誰もが試みている」と同氏は語った。

(Pei Li記者、Anita Li記者、Adam Jourdan記者、翻訳:エァクレーレン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT