ナシなのに「彼氏面する男」が跋扈する真因

役に立たない「クソバイス」にはうんざりだ

新しい価値観が頭にインストールされているのに、古い価値観を完全に捨て去ることはできていない。そんな狭間で生きているから、さまざまな場面でモヤモヤすることが多いのです(撮影:菊岡 俊子)
他人との距離は難しい。よかれと思うアドバイスも、価値観の押し付けは、いい迷惑だ。最近、『モヤモヤするあの人』『アドバイスかと思ったら呪いだった。』を刊行した宮崎智之さんと犬山紙子さんは、まさに、人間関係にまつわる違和感を言語化する名手。そんな2人が思う、男性と女性の間に起こりがちなモヤモヤとは――?

「彼氏面男子」と「クソバイス」の発見

宮崎 智之(以下、宮崎):現代は、常識や非常識の基準があいまいになり、ちょっとしたことでモヤモヤする人が増えている時代です。そんななかでも僕が気になっているのは、男女の問題。僕が広めた言葉「彼氏面男子」は、付き合ってもいないのに、あたかも彼氏のような言動をする男性のことですが、彼らは犬山さんが問題提起している「クソバイス」(求めていないのに繰り出される、クソみたいなアドバイス)をすることが特徴の1つです。

なぜ、そんな現象が増えているのか。それについて考えることで、今の社会が見えてくるような気がしています。

犬山 紙子(以下、犬山):宮崎さんの本に、私の「クソバイス」という言葉が引用されていて、うれしかったです。確かにクソバイスと彼氏面男子は、つながっている部分がある。私と宮崎さんは同世代ですよね。

宮崎:僕は1982年3月生まれですので、犬山さんとは同学年だと思います。

犬山:だから時代へのモヤりが似ているのかも。

宮崎:いいか悪いかは別として、上の世代には共通した“常識”があったと思うんです。「女性は仕事ばかりしていると婚期を逃す」とか、「男は結婚して一人前」とか。今の時代にそんなことを言うのは明らかに偏見ですが、問題なのはそういったクソバイスをする人は、よかれと思ってやっているということ。

犬山:まさに、そうなんですよね。過去はそのせいでもっとたくさんの人がつらい思いを抱えていたとも思います。私も今まで、そういうクソバイスをたくさん受けてきました。でも、その時はクソバイスだとは気づいていなくて、「自分が悪いのかな。間違ってるのかな」と思っていました。

明確な悪口なら反発できるんですけど、なにせ相手がよかれと思って言っていることだから反論できない。ところがある時、気づいたんですよね。これは、まともに聞く必要がないクソバイスだと(笑)。偏見の上に成り立った「よかれ」はただの迷惑。

自分が悪いんじゃなくて、上から目線の持論を押し付けられていただけだと思った瞬間、いろいろなことが腑に落ちたんですよ。楽にもなったし、怒りも湧いた。そうした思いをツイッターに投稿してみたら、たくさんの人が反響をくださって。モヤモヤしていたのは、私だけではないんだと安心しました。

次ページ同様の被害者から集まってきたタレコミ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。