イングランド「PK戦勝利」は心理学者が支えた

「PK戦で負ける」ジンクスをついに払拭

アディショナルタイムになる前の試合中ずっと、とても重要な小さなドラマ (とてもイライラさせられるようなドラマ) があった。司令塔であるハメス・ロドリゲスが負傷して不在だったため、コロンビアチームは防御に力を入れねばならなかったのだ。

イングランドの方は危なげなく見え、有利なように思えたが、カルロス・サンチェスがイングランドのキャプテンでチームのシンボルでもあるケーンを、ペナルティ・エリア内で倒したことでPKの権利を与えられ、リードするチャンスが生まれた。

コロンビアがこれに抗議して4分間の大騒ぎが続いたが、ケインは冷静さを保ち、2018ロシア大会3本目のペナルティキックを決めた。

コロンビア監督が吐露した審判への不信

残り時間10分となり、コロンビア代表にとっては万事休すかと思われたのだが、痛烈な一撃が生まれた。

ウリベから繰り出された、成功していれば大会屈指のシュートとなったかもしれないボールをピックフォードは見事にさばくも、この試合初めてとなるコロンビアのコーナーキックを利用し、長身のディフェンダーであるミナがヘディングシュートを決めて同点に追いついた。

交代出場となったイングランドのダイアーは、ロスタイムにヘディングシュートを決める最高のチャンスを逃していたのだが、見事にその埋め合わせをし、勢いを取り戻したチームメイトたちにもみくちゃにされた。

「ヒヤヒヤした。これまで、あんな立場になったことはなかった。でも、ヘディングに失敗したのだから、最後には絶対に得点しなくてはと思っていたので、うまくいって本当によかった」とダイアーは語った。

イングランドチームのイエローカードは2枚、コロンビアチームのそれは6枚だったにのだが、ホセ・ペケルマン監督は、コロンビア代表は米国人の審判マーク・ガイガーによって不当に扱われていると感じていた。

「イングランドの選手は審判に対しアピールを繰り返し、コロンビア選手の反則を取らせようとしていた」とペケルマン監督。「この種のプレイがあったため、選手は混乱していた」。

「試合に集中することが、とても難しかった。最初のうちはリズムもスピードもあったが、一旦ボールがペナルティボックスに入ってしまうと、うちの選手たちは冷静でなくなり落ち着きをなくしてしまった」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。