イングランド「PK戦勝利」は心理学者が支えた

「PK戦で負ける」ジンクスをついに払拭

アディショナルタイムになる前の試合中ずっと、とても重要な小さなドラマ (とてもイライラさせられるようなドラマ) があった。司令塔であるハメス・ロドリゲスが負傷して不在だったため、コロンビアチームは防御に力を入れねばならなかったのだ。

イングランドの方は危なげなく見え、有利なように思えたが、カルロス・サンチェスがイングランドのキャプテンでチームのシンボルでもあるケーンを、ペナルティ・エリア内で倒したことでPKの権利を与えられ、リードするチャンスが生まれた。

コロンビアがこれに抗議して4分間の大騒ぎが続いたが、ケインは冷静さを保ち、2018ロシア大会3本目のペナルティキックを決めた。

コロンビア監督が吐露した審判への不信

残り時間10分となり、コロンビア代表にとっては万事休すかと思われたのだが、痛烈な一撃が生まれた。

ウリベから繰り出された、成功していれば大会屈指のシュートとなったかもしれないボールをピックフォードは見事にさばくも、この試合初めてとなるコロンビアのコーナーキックを利用し、長身のディフェンダーであるミナがヘディングシュートを決めて同点に追いついた。

交代出場となったイングランドのダイアーは、ロスタイムにヘディングシュートを決める最高のチャンスを逃していたのだが、見事にその埋め合わせをし、勢いを取り戻したチームメイトたちにもみくちゃにされた。

「ヒヤヒヤした。これまで、あんな立場になったことはなかった。でも、ヘディングに失敗したのだから、最後には絶対に得点しなくてはと思っていたので、うまくいって本当によかった」とダイアーは語った。

イングランドチームのイエローカードは2枚、コロンビアチームのそれは6枚だったにのだが、ホセ・ペケルマン監督は、コロンビア代表は米国人の審判マーク・ガイガーによって不当に扱われていると感じていた。

「イングランドの選手は審判に対しアピールを繰り返し、コロンビア選手の反則を取らせようとしていた」とペケルマン監督。「この種のプレイがあったため、選手は混乱していた」。

「試合に集中することが、とても難しかった。最初のうちはリズムもスピードもあったが、一旦ボールがペナルティボックスに入ってしまうと、うちの選手たちは冷静でなくなり落ち着きをなくしてしまった」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT