まさかの躍進、なぜスウェーデンは強いのか

蘭・伊・独に続いてスイスをなぎ倒した

スウェーデンはスイスを下しベスト8へと駒を進めた。準々決勝ではイングランドと対戦する(写真:ロイター)

[サンクトペテルブルク (ロイター)] - スウェーデン流のサッカーは見た目は良くないが、7月3日にスイスを、オランダ、イタリア、ドイツに続いて敗退者リストに加えることに成功。ワールドカップ準々決勝に進出した。

欧州予選、プレイオフ、グループステージでの結果が異なっていれば、上記の華麗な3国のうち、どの国が7日の準々決勝でイングランドと対戦してもおかしくなかった。

無名のチームがスイスに勝利した

しかし、純粋なファンには悪いが、ヤン・アンデション監督が率いる「無名のチーム」は、サンクトペテルブルクでいつも通りの荒れた試合において1-0でスイスに勝利し、サマーラの準々決勝に行くことになった。

オランダは4年前のブラジル杯では3位だったが、過去の大会で3回も決勝に進出している。ところが、スウェーデンにゴール数の差で2位を譲り、予選敗退した。このグループで決勝トーナメントに勝ち進んだのはフランスとスウェーデンだった。

次ページイタリアもドイツも退けた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT