まさかの躍進、なぜスウェーデンは強いのか

蘭・伊・独に続いてスイスをなぎ倒した

スウェーデンはスイスを下しベスト8へと駒を進めた。準々決勝ではイングランドと対戦する(写真:ロイター)

[サンクトペテルブルク (ロイター)] - スウェーデン流のサッカーは見た目は良くないが、7月3日にスイスを、オランダ、イタリア、ドイツに続いて敗退者リストに加えることに成功。ワールドカップ準々決勝に進出した。

欧州予選、プレイオフ、グループステージでの結果が異なっていれば、上記の華麗な3国のうち、どの国が7日の準々決勝でイングランドと対戦してもおかしくなかった。

無名のチームがスイスに勝利した

しかし、純粋なファンには悪いが、ヤン・アンデション監督が率いる「無名のチーム」は、サンクトペテルブルクでいつも通りの荒れた試合において1-0でスイスに勝利し、サマーラの準々決勝に行くことになった。

オランダは4年前のブラジル杯では3位だったが、過去の大会で3回も決勝に進出している。ところが、スウェーデンにゴール数の差で2位を譲り、予選敗退した。このグループで決勝トーナメントに勝ち進んだのはフランスとスウェーデンだった。

次ページイタリアもドイツも退けた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。