まさかの躍進、なぜスウェーデンは強いのか

蘭・伊・独に続いてスイスをなぎ倒した

欧州予選におけるプレイオフでは、スウェーデンは、ワールドカップで4回優勝しているイタリアと対戦。接戦の末、スウェーデンが勝利。イタリアは1958年以来初めてワールドカップ出場を逃した。

シード国である前回優勝者ドイツが6日のサマーラに進出すると期待されていたが、ロシア大会ではグループFの最下位に沈み、不名誉な敗退となった。ソチでの試合でスウェーデンがもう少し踏ん張って引き分けに持ち込んでいれば、ドイツの敗退はもっと早く決まっていたことになる。

粘り強い守備と徹底したチームワーク

3日、スウェーデンは、粘り強い守備と徹底したチームワークが非常に効果的であることを更に証明した。ワールドカップのノックアウトステージでも有効だった。

スウェーデン代表のヤン・アンデション監督(写真:ロイター)

スイスが弱かったことにも助けられたことは確かだが、今後もスウェーデンを簡単に倒せるチームはいないだろう。

伝統的な4-4-2フォーメーションでピッチに広がり、ポゼッションを譲ることも気にしない(3日の試合でスイスのポゼッション率は63%だった)。根気強く戦うことでボールを取り返すことに自信を持っていた。

攻撃面では、ズラタン・イブラヒモビッチがかつて持っていたワールドクラスのエッジに欠けるが、大きく強靭な体で、ゴールを決めるまでシュートを打ち続ける。

サンクトペテルブルクでの彼らのゴールには運も味方をした。エミル・フォルスベリのエリアの端からシュートは、ディフェンダーのマヌエル・アカンジを大きく弾いて、回転しながらネットに刺さった。

スタンドにいた黄色のシャツのサポーターたちは、イブラヒモビッチがワンダーストライクを放った時のように大歓声を上げた。ファンと同様に、アンデション監督は彼のチームの戦い方に対する批判に耳を貸そうとしない。

「我々は優れたチームです。これまで努力して勝利を手に入れて来ました。どうやってそれを成し遂げてきたかも分かっています」。アンデション監督は試合後の記者会見で述べた。「他のチームや国々が我々をどう思っているかは、彼らに聞いてください」。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT