米中貿易戦争は「プロレス」か「ガチンコ」か

中国には「命」より大事な「守るべき物」がある

さて、ここからは恒例、競馬ファン御用達のページである。あたしゃ、夏競馬も休みませんからね。

今週末からは福島開催だ。今年は福島競馬100周年に当たる。「東北で初めて」福島市に誕生したものが2つあって、それは日本銀行の支店と中央競馬である。1899年(明治32年)に日銀7番目の支店として福島支店が誕生し、1918年(大正7年)に現在地で福島競馬が発足した。両者はかつて、絹の集積地として栄えた福島の誇りなのである。

ラジオNIKKEI賞は地元・田辺騎乗のキューグレーダー

今週末のラジオNIKKEI賞(G3)は、3歳限定のハンディキャップ競争。クラシック戦線で芽が出なかった重賞未勝利馬が、ここで覚醒するというのが例年のお約束。近年ではアンビシャス(2015年)やゼーヴィント(2016年)を輩出している。今年も「残り物に福」を発掘したいところ。

そこでどうするか。7月の福島は暑い。この時期、多くの3歳馬は疲れが溜まっているはずだ。そこでキャリア6戦以上の馬はバッサリ切ってしまおう。それだけで予想がずいぶん楽になる。

残った馬を見ると、まず1番手は2勝0敗のフィエールマン。平坦で小回りの福島競馬場はディープ産駒と相性がいいから、これは外せないところ。2番手には、プリンシパルステークスで3着だったイェッツト。カンパニー産駒ということで、大器晩成型の楽しみがある。

しかるにこれら2頭はすでに人気になっている。ここは福島らしく、少しは荒れてもらわないと面白くない。そこで筆者が本当に狙いたいのはキューグレーダーだ。1着2回、2着2回と戦績は悪くはないし、何より地元のシルクレーシング所属で、鞍上は福島出身の田辺裕信騎手と来ている。つまりもっとも地の利を得ている馬ということだ。

2011年には東日本大震災で被災し、2度と開催できないのではないかと危ぶまれたこともある福島競馬場。その歴史が100年を超えて続くことを競馬ファンの一人として祝いたい。がんばれ福島!

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT