サッカー、W杯1次リーグでアフリカ勢は全滅

アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて

 6月28日、サッカーのW杯ロシア大会1次リーグ、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。写真は試合後のセネガルの選手たち(2018年 ロイター/Max Rossi)

[ダカール 28日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、各地で1次リーグの試合を行い、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。

セネガルはポーランドとの初戦を2─1で制し、日本との第2戦は2─2の引き分け。日本と勝ち点、得失点差などで並んだ状態でコロンビアとの最終戦を迎えた。

しかしセネガルは後半29分にジェリー・ミナに決勝ゴールを決められ、敗北。もう1試合では日本がポーランドに0─1で敗れたが、警告数などに基づくフェアプレーポイントで日本が上回った。

セネガルの敗退により、アフリカ勢は1次リーグで全滅。エジプト、チュニジア、モロッコ、ナイジェリアも姿を消した。16チームによる決勝トーナメントが導入された1986年メキシコ大会以降、アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。