サッカー、W杯1次リーグでアフリカ勢は全滅

アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて

 6月28日、サッカーのW杯ロシア大会1次リーグ、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。写真は試合後のセネガルの選手たち(2018年 ロイター/Max Rossi)

[ダカール 28日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、各地で1次リーグの試合を行い、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。

セネガルはポーランドとの初戦を2─1で制し、日本との第2戦は2─2の引き分け。日本と勝ち点、得失点差などで並んだ状態でコロンビアとの最終戦を迎えた。

しかしセネガルは後半29分にジェリー・ミナに決勝ゴールを決められ、敗北。もう1試合では日本がポーランドに0─1で敗れたが、警告数などに基づくフェアプレーポイントで日本が上回った。

セネガルの敗退により、アフリカ勢は1次リーグで全滅。エジプト、チュニジア、モロッコ、ナイジェリアも姿を消した。16チームによる決勝トーナメントが導入された1986年メキシコ大会以降、アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。