サッカー、W杯1次リーグでアフリカ勢は全滅

アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて

 6月28日、サッカーのW杯ロシア大会1次リーグ、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。写真は試合後のセネガルの選手たち(2018年 ロイター/Max Rossi)

[ダカール 28日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、各地で1次リーグの試合を行い、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。

セネガルはポーランドとの初戦を2─1で制し、日本との第2戦は2─2の引き分け。日本と勝ち点、得失点差などで並んだ状態でコロンビアとの最終戦を迎えた。

しかしセネガルは後半29分にジェリー・ミナに決勝ゴールを決められ、敗北。もう1試合では日本がポーランドに0─1で敗れたが、警告数などに基づくフェアプレーポイントで日本が上回った。

セネガルの敗退により、アフリカ勢は1次リーグで全滅。エジプト、チュニジア、モロッコ、ナイジェリアも姿を消した。16チームによる決勝トーナメントが導入された1986年メキシコ大会以降、アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて。

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。