サッカー、W杯1次リーグでアフリカ勢は全滅

アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて

 6月28日、サッカーのW杯ロシア大会1次リーグ、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。写真は試合後のセネガルの選手たち(2018年 ロイター/Max Rossi)

[ダカール 28日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、各地で1次リーグの試合を行い、H組のセネガルはコロンビアに0─1で競り負けた。

セネガルはポーランドとの初戦を2─1で制し、日本との第2戦は2─2の引き分け。日本と勝ち点、得失点差などで並んだ状態でコロンビアとの最終戦を迎えた。

しかしセネガルは後半29分にジェリー・ミナに決勝ゴールを決められ、敗北。もう1試合では日本がポーランドに0─1で敗れたが、警告数などに基づくフェアプレーポイントで日本が上回った。

セネガルの敗退により、アフリカ勢は1次リーグで全滅。エジプト、チュニジア、モロッコ、ナイジェリアも姿を消した。16チームによる決勝トーナメントが導入された1986年メキシコ大会以降、アフリカ勢が16強に残れなかったのは初めて。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT