前回王者のドイツ、まさかの一次リーグ敗退

F組はスウェーデンとメキシコが決勝へ

頭を抱えるマリオ・ゴメス選手とマッツ・フンメルス選手(写真:ロイター)

[カザン、ロシア(ロイター)] - 前回大会のチャンピオンであるドイツは、韓国に2-0で敗れワールドカップから墜落した。

試合終了間際までは0−0だった。ところが、試合終了ホイッスル直前のアディショナルタイムで試合が動いた。韓国のキム・ヨングォン選手はオフサイドとの判定を受けたが、ビデオ審査を経て得点。ソン・ヒョンミン選手はキーパーが前線に飛び出して誰も守る者がいないゴールに追加点を押し込んだ。

過去に4度も世界チャンピオンに輝いているドイツは1938年以来、1次リーグを突破できなかったことはない。そんな強国ドイツも、3回のゲームで2得点しか獲得できなかったことで、まさかの悪夢が襲った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。