韓国代表監督、ドイツ戦で2点差勝利目指す

決勝進出に向け1次リーグ最終戦で背水の陣

 6月26日、サッカーの韓国代表を率いる申台龍監督が、翌日に控えたW杯ロシア大会1次リーグ最終戦のドイツ戦に向けて、意気込みを語った(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザニ(ロシア) 26日 ロイター] - サッカーの韓国代表を率いる申台龍監督が26日、翌日に控えたワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグ最終戦のドイツ戦に向けて、意気込みを語った。

F組では現在メキシコが勝ち点6で首位に立ち、前回王者ドイツとスウェーデンが同3で2位と3位に続く。韓国は開幕2連敗を喫しているが、ドイツに2点差以上で勝利し、メキシコがスウェーデンを破れば、まだ決勝トーナメント進出の望みが残っている。

申監督は記者会見で「正直に言えば、ドイツは我々よりもはるかに強く、簡単にはいかないだろう」としながらも、「どんなことも起こり得る。まだ我々にも可能性があると信じている」と述べた。

試合に向けては、「ドイツに彼らのプレーをさせないように、できるだけ試合を難しくしなければならない。選手たちは考え過ぎずに、シンプルで正確なプレーをする必要がある。背水の陣になるだろう」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。