韓国代表監督、ドイツ戦で2点差勝利目指す

決勝進出に向け1次リーグ最終戦で背水の陣

 6月26日、サッカーの韓国代表を率いる申台龍監督が、翌日に控えたW杯ロシア大会1次リーグ最終戦のドイツ戦に向けて、意気込みを語った(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザニ(ロシア) 26日 ロイター] - サッカーの韓国代表を率いる申台龍監督が26日、翌日に控えたワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグ最終戦のドイツ戦に向けて、意気込みを語った。

F組では現在メキシコが勝ち点6で首位に立ち、前回王者ドイツとスウェーデンが同3で2位と3位に続く。韓国は開幕2連敗を喫しているが、ドイツに2点差以上で勝利し、メキシコがスウェーデンを破れば、まだ決勝トーナメント進出の望みが残っている。

申監督は記者会見で「正直に言えば、ドイツは我々よりもはるかに強く、簡単にはいかないだろう」としながらも、「どんなことも起こり得る。まだ我々にも可能性があると信じている」と述べた。

試合に向けては、「ドイツに彼らのプレーをさせないように、できるだけ試合を難しくしなければならない。選手たちは考え過ぎずに、シンプルで正確なプレーをする必要がある。背水の陣になるだろう」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT