韓国代表監督、ドイツ戦で2点差勝利目指す

決勝進出に向け1次リーグ最終戦で背水の陣

 6月26日、サッカーの韓国代表を率いる申台龍監督が、翌日に控えたW杯ロシア大会1次リーグ最終戦のドイツ戦に向けて、意気込みを語った(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザニ(ロシア) 26日 ロイター] - サッカーの韓国代表を率いる申台龍監督が26日、翌日に控えたワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグ最終戦のドイツ戦に向けて、意気込みを語った。

F組では現在メキシコが勝ち点6で首位に立ち、前回王者ドイツとスウェーデンが同3で2位と3位に続く。韓国は開幕2連敗を喫しているが、ドイツに2点差以上で勝利し、メキシコがスウェーデンを破れば、まだ決勝トーナメント進出の望みが残っている。

申監督は記者会見で「正直に言えば、ドイツは我々よりもはるかに強く、簡単にはいかないだろう」としながらも、「どんなことも起こり得る。まだ我々にも可能性があると信じている」と述べた。

試合に向けては、「ドイツに彼らのプレーをさせないように、できるだけ試合を難しくしなければならない。選手たちは考え過ぎずに、シンプルで正確なプレーをする必要がある。背水の陣になるだろう」と話した。

関連記事
トピックボードAD
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。