企業が年配の人材を積極的に雇用すべき理由

年配の労働者は辞めずに働いてくれる

 6月21日、人口動態の傾向は、誰の目にも明らかだ。米国や他の主要産業国の人口は、急速に高齢化しつつある。写真は2016年4月、シドニーの事務所で撮影(2018年 ロイター/David Gray)

[シカゴ 21日 ロイター] - 人口動態の傾向は、誰の目にも明らかだ。米国や他の主要産業国の人口は、急速に高齢化しつつある。これは、労働人口が高齢化していることを意味する。だが雇用主側は、対策を準備したり、従業員のニーズに応える対応を驚くほど取っていない。

米国勢調査局によると、現在4800万人いる65歳以上人口は、2050年までに8800万人に達する見通しで、今後30年で倍近くになる。

労働省によると、2024年までに、米国の労働者4人に1人が55歳以上になる。これは、55歳以上の労働者が全体の12%しかいなかった1994年の倍にあたる水準だ。

60歳を過ぎても働きたいと思っている

多くの労働者は、伝統的な退職の年齢を越えても、経済的な理由で働き続けなくてはならないだろう。また、社会とのつながりを保つために働きたがる高齢労働者も多いだろう。シンクタンク、ブルッキングス研究所のジョナサン・ローチ上級研究員はこう予測する。

「60歳になっても、まだ15年は生産的な生活を送れる。この期間は、人生でもっとも精神的に実りの多い時期になることがある」と、ローチ氏は指摘。「彼らは引退してゴルフ三昧の生活を送りたいとは考えていない。そのモデルは、間違っている」

米国の人材マネジメント協会が企業人事の専門家を対象に行った2016年の調査を見ると、雇用主側の視点が短期的で、労働人口の高齢化を予測し、それへの対策を立案する緊急性を感じていないことが分かる。

次ページ大半は高齢の労働者を積極的に採用していない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。