独与党、公的債務削減を主張へ

SPDとの連立協議でGDP比60%以内要求

10月25日、メルケル独首相(写真)率いるキリスト教民主・社会同盟は社会民主党との連立協議で、10年以内に債務水準を対GDP比60%以内に削減することを求める方針。ベルリンで22日撮影(2013年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[ベルリン 25日 ロイター] - メルケル独首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は社会民主党(SPD)との連立協議で、10年以内に債務水準を対国内総生産(GDP)比60%以内に削減することを求める方針。

ロイターが入手した党の文書で明らかになった。

文書では、SPDとの協議で柱となるCDU・CSUの財政問題に関する立場が列挙されており、ドイツは債務の対GDP比率を現在の81%から引き下げるとともに、2015年以降新たな借り入れを行わないことにコミットする必要があるとしている。

先の選挙戦ではCDU・CSU、SPDとも責任ある財政を公約に掲げたが、SPDは同時に公共投資の拡大も主張していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT