日本女性が「35歳からの服」で変えるべきこと

大草直子さんが語る「5つの重要鉄則」

大草直子さん(撮影:梅谷秀司)

欧米人の膝は、とんがっていて小さいけれど、日本人は丸くて平い。フランス大統領のマクロン夫人のように、60歳を超えて膝を出していてもシャープで素敵なのは元々の美しい形と手入れの賜物だと思います。日本人の丸い膝を出していて本当に綺麗に見えているのか、客観的に見るべきだと思います。

もちろん、膝が自分のチャームポイントだと強く思うのであれば、出しても良いとは思いますが、その場合は生っぽさを消した足が良いと思います。少し日焼けをしていたり、鍛えていたり。もしくは素足ではなく、グレーなどのストッキングを履いたりすると良いでしょう。膝は本当に難しいパーツだし、乾燥してきたり、膝の上の肉が取れなくなってきたり、いちばん劣化が激しいところなので、ケアすることも忘れないようにしたいですね。

――個人的には、今の流行が少し長めの丈なので、それはアラフォー世代にとっても追い風なのかなと思います。

そうですね。ただ、流行は関係なく、私の膝はもう出しません(笑)。今後どんな流行が来ようとも、出しません。そう決めたら、ちょっと楽になりましたよ。もう迷う必要がありませんから。

顔がくすんで見えるイエローベージュを着ないと決めることもそうですが、どこかで潔く線を引くのも心がけるべきことかなと思います。

ルール④色に違和感を覚えたら、色味を少し変えてみる

――大好きな色、ずっと似合う色だったのに、急に似合わなくなったという声も聞くのですが、何か解決法はあるのでしょうか?

今、自分に似合う色を見てもらうカラー診断なども流行っていますが、それよりも、自分の姿を客観的に見ることが大切だと思います。

私自身、ベージュもグレーもずっと好きだったのですが、30代半ばからの「おしゃれ更年期」に入ったとき、それまで似合っていたグレーのカシミヤのニットが似合わなくなったんです。そのニットの色味は、杢グレーという、白やベージュも混じったソリット(単色)ではないグレーでした。それにジーンズというスタイルが私の定番だったのに、ふと客観的に自分を見たときに急に「おばさんっぽい」と思って。

その後、冷静に見てみたら、淡い色のグレーは似合っていたんです。グレーが似合わなくなったのではなく、似合う色味が変わっていただけでした。

次ページ歳を重ねるにつれて、似合うようになる色味は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT