40歳、供養業から農林業に到達した男の悟り

職業による自己実現が人生の目標じゃない

山崎さんは供養業界を離れ、農業と林業に勤しんでいる(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第37回。

山崎周亮さん(40歳)に出会ったのは4年前。現在の日本にあった死と葬送の課題に向き合うNPO法人のイベントを取材したときのことだった。当時、山崎さんは法人の関西事務所を任されており、イベントでも全体のパーツをつなぐ重要なポストを担当している様子だった。スーツ姿で1~2世代上のメンバーと談笑しながら、外国語を駆使して海外ゲストとやり取りし、プロジェクトの進行に合わせてスタッフに適切な指示を送り、全体の流れを俯瞰する。オーケストラの指揮者のようだった。

この連載の一覧はこちら

初対面の筆者にも気さくに話しかけてくれ、2人のお子さんの話を楽しそうにしていたのを覚えている。後にFacebookでつながると、前職は遺骨を納めて手元に置いておくための「手元供養品」を扱う企業の店長兼開発担当者だとわかった。さらに掘り下げると、20代の頃にバックパッカーとして24カ国を渡り歩いた経験があることも判明。そして現在、山崎さんは供養業界を離れ、農業と林業に勤しんでいる。7月には狩猟免許試験も受ける予定だ。

会うたび、Facebookのタイムラインに上がるたびに別の一面を覗かせてくる謎の人物。バイタリティにあふれるが押しつけがましさのない彼は、本当のところ何者でどこに向かっているのか。桜が散った頃、京都宇治のお住まいにお邪魔して、身重の奥さんが見守るなかでじっくりとインタビューさせてもらった。

一本道をひたすら突き進んでいる

どうやら山崎さんは、一本道をひたすら突き進んでいる。

山崎さんは1977年に生まれ、物心ついた頃から小学校2年生まで埼玉県で育った。家族はデベロッパーとして全国を股にかける父と母、1つ齢上の兄と下に弟2人。小学校3年生に上がった頃京都府宇治市に転居するが、幼少期は極度の引っ込み思案だったという。

「家族で寿司を食べに行っても、弟に『タコ握ってって言って』と小声で頼むくらい。家族や友達以外と話すのがすごく恥ずかしかったんですよ」

次ページ変わったのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT