ドコモはiPadを扱うのか、扱わないのか

第2四半期決算発表の席で料理教室買収も明らかに

ただ人気端末であるiPhoneを取り扱い始めたことによるプラス効果は無視できない。「iPhoneの導入効果は着実に見えてきている。MNP(番号ポータビリティ)によるユーザーの流出数は、9月第3週に昨年と比べて53%減少した。第4週も同じくらいで減少している」(加藤薰社長)

iPhoneを取り扱うドコモショップの数は1025日時点では約1500店にとどまるが、10月末には2350店程度に広げる。ただしユーザー獲得コストも大きいため、ユーザー増が即、利益増に結びつくわけではない。

ABCクッキングスタジオを傘下に収めた(撮影:吉野純治)

下半期(10月~2014年3月)は、iPhoneに加えて、アンドロイドの冬春モデルも本格化する。前日の1024日に発売したソニー「Xperia Z1」が好調な滑り出しを記録するなど、アンドロイドにも人気機種がある。

加藤社長は「iPhoneはもちろん、冬春モデルのアンドロイド端末も含めてしっかり売っていく。上期に苦戦したMNPでも、数値を着実に改善させていきたい」と話した。

また、料理教室「ABCクッキングスタジオ」を展開するABCホールディングスの株式51%を取得し、子会社化することも正式発表した。加藤社長は、「ABCとは3月から業務提携し、さまざまな実験をしてシナジーを確認してきた。子会社化することで、これをいっそう強化する。リアルな教室の取り組みとモバイルのサービスを融合させ、料理だけではなく、健康、学びという点でも取り組んでいく」と話していた。今後、ドコモの独自サービス「dマーケット」のメニューとして加わる可能性もありそうだ。

 iPadは扱わないのか

 1022日にアップルは新型iPadを発表。111日に発売する予定だ。ところが、回線契約の付いた機種を販売するキャリアーとしてはKDDIとソフトバンクのみがアナウンスされた。ドコモは扱わないのだろうか。

「魅力的な端末だと思う。扱うかどうかを社内でも検討している。(なぜ検討中であるかの)理由は申し上げられない」(加藤社長)とし、明言を避けた。アップルと交渉中であることは間違いないようだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。