欠陥だらけのNISA、どうすりゃいいのさ?

結局、足りないのは日本人の経済感覚

渋澤 う~ん、というよりも、今までのお金持ちの行動、つまり、おカネの使い方が、社会へのロールモデルになっていなかったのではないのかな。

中野 NISAの本質的な趣旨は、いいことなんだと思います。でも、やはり細かい制約をなくしていく必要はあると思いますね。たとえば5年という非課税期間の恒久化もそうですし、現状、2023年までとされている口座開設可能期間の恒久化も必要でしょう。業界を挙げて、きちっとした商品をまっとうに販売すれば、NISAはいい制度に育つと思います。

富を次世代に移転させる制度を、もう一度考え直そう

藤野 そう言えば今度、実験的な試みをします。長野証券で「ひふみ投信」を販売してもらうんですけど、対面販売の証券会社でありながら、ここではノーロードで扱います。

渋澤中野 お~、それはなかなか。

藤野 本当に実験的な試みなのですが、長野証券もひとつのファンドを大事に育てていきたいという意向を持っているので、対面でありながらノーロードという販売スタイルが実現したのですが、販売金融機関の中にも、そういうところが少しずつ増えていくと、いいのですけれどもね。

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

中野 僕は制度の恒久化こそがNISAにとっていちばん必要なことだと思うのですが、皆さんはどうですか。

渋澤 それに加えて、1口座1金融機関という縛りも撤廃してもらいたいですね。

藤野 そう。独立系投資信託会社でいえば、セゾン投信とコモンズ投信、そしてレオス・キャピタル・ワークスは、それぞれ運用哲学も違うわけですから、たとえば3社で同時に積み立てていけるというようになれば、なおいいですね。

中野 あと、子供NISAなんかもいいのでは?

渋澤 それは、絶対に必要です。日本社会が蓄えている富を世代間に移転させる制度は、日本の未来への持続性に不可欠です。今は、借金のツケしか残していませんからね。たとえば、子どもや孫の教育費のために親や祖父母が長年かけて積み立てる金額も、それぞれ毎年100万円の非課税枠を設けるべきです。

前政権のときに、政府へ提言を働きかけた構想でしたが、政権が変わって、結果的に孫への教育費を1500万円まで非課税にするという、まさに、お金持ち優遇へデフォルメしてしまいましたが。

中野 自分の教育資金が、おじいさんがきちっとした投資信託で運用されているということを知ったら、その孫だって投資に興味が湧くじゃないですか。そういう子供が増えていけば、「30年で1億円」などという広告を真に受けたりしなくなると思います。

渋澤藤野 ナットク。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT