今秋の「新型iPhone」は何がどう変わるのか

「画面が小さいほうが安い」は過去のものに

しかし2018年は、5.8インチのディスプレーを備えるiPhone Xの後継モデルより、画面が大きな6.1インチの新モデルのほうが安価に設定される可能性がある。加えて、より小さなモデルを希望する人に、これまでのように最も安い価格で提供されるわけではなくなる。

iPhone Xは、4.7インチのiPhone 8寄りのサイズではあるが、iPhone 8より大きく、5.5インチのiPhone 8 Plusより小さかった。ケースを付けたiPhone 8とiPhone X本体が同じような握り心地だったが、高価なiPhone Xを裸で使うケースは少ないため、同じようにケースを付ければ当然iPhone Xのほうが大きくなる。

「画面が小さい=安い」という構図が崩れる

一方、6.1インチモデルはiPhone 8 Plusのようなサイズで登場すると考えてよいだろう。画面の縁取りが小さくなる分、より大きな画面を搭載できるからだ。そして、このモデルが最も安いと見られる。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」ではシリコンバレーの詳細なリポートをお届けしています。購読申し込みなどの詳細はこちら

つまり新型iPhoneで最も小さなモデルを使いたい場合の選択肢はiPhone Xとなり、2番目に安いモデルになるのではないか、と考えられるのだ。

別の見方をすれば、iPhoneの価格を安く抑えたいと考えている人が、必ずしもいちばん小さい画面のモデルを選ぶわけではない、ということにもなる。

価格が安い大画面か、わずかだがコンパクトさを求めて追加料金を支払うか――。実際に新しいiPhoneが登場し、触ってみなければわからないことではあるが、サイズと価格のバランスがこれまでとは変わるため、iPhone選びはより難しくなるのではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT