歯科医が警告!「妊娠」と「虫歯」のコワい真実

お口の変化が現れやすい時期の適切な対処法

妊娠期にも歯科治療は行えます。必要であれば治療は積極的に行ったほうがいいでしょう。妊娠中は普段よりも虫歯や歯周病になりやすいので、妊娠がわかったら一度歯科医院でご自身のお口の中の状態を確認することをおすすめします。母子手帳にも歯や歯ぐきの状態を記録する歯科検診の欄があります。

赤ちゃんが生まれた直後は、ご自身のことには手が回らなくなってしまいます。お母さんやお父さん、周りの方のお口の状態が赤ちゃんの虫歯にも関係しますので、妊娠期に正しい知識を身に付けておくことも大切になります。

妊娠中の虫歯治療への疑問

妊娠中の虫歯治療への疑問について、よく寄せられる質問にお答えします。

(1)妊娠中の歯科検診のタイミングは?

妊娠がわかったら早めの受診をおすすめします。妊娠初期の体調がすぐれない時期や、 妊娠後期は診療中の椅子を横にしている体勢がつらいと思いますので、無理は禁物。妊娠4~5カ月目で検診を受けると、もし虫歯や歯周病の治療が必要な場合でもすぐに治療を開始することができます。お住まいの地域によっては、妊婦さんの無料歯科検診を行っているところもあります。

(2)妊娠中に虫歯などの歯の治療をしてもいいの?

安定期(妊娠5~8カ月)であれば、虫歯も含め歯科治療を行えます。必ず歯科医師に妊娠していることをお伝えください。

(3)妊娠中に歯のクリーニングはしたほうがいいの?

もちろん、してください。丁寧に磨いていても磨き残しがあるものです。妊娠中は少しの汚れで歯ぐきが腫れてしまいます。ご自身で取り除けない汚れは歯科医院で取ってもらいましょう。1~2カ月のペースで通えると理想的ですが、体調に無理のない範囲で構いません。出産直前まで通われる人もいます。

(4)妊娠中にレントゲンを撮っても大丈夫なの?

撮らなくても治療は行えます。妊婦さんはレントゲン写真を撮らずに治療をすることが多いです。歯科用のレントゲンは数種類ありますが、基本的に首から上の部分や確認の必要な歯のみの撮影になるので、お腹の中の赤ちゃんには影響はありません。

撮影するときは鉛の防護エプロンをつけて放射線から守ります。最近の歯科用のデジタルレントゲンの被ばく量は、従来の10分の1と言われています。心配な人はレントゲン写真を撮らずに治療することもできるので、歯科医師に相談するといいでしょう。

(5)妊娠中の麻酔は赤ちゃんに影響ないの?

影響はありません。歯科用の麻酔は局所麻酔といって、部分的に効くものなので、安定期であれば使用しても問題はありません。麻酔を使いたくない人は、麻酔をしないでできる範囲で治療を行います。また、担当の産婦人科医と相談しながら治療を進められますので、不安なことがあれば歯科医師に伝えていただくといいでしょう。

次ページ妊娠中にお薬は飲んでもいいの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。