歯科医が警告!「妊娠」と「虫歯」のコワい真実

お口の変化が現れやすい時期の適切な対処法

妊婦さんは虫歯になりやすいのです(写真:Graphs / PIXTA)

妊娠中は心も身体もさまざまな変化が見られます。特に初めての妊娠のときは、喜びやうれしさに胸がいっぱいになるのはもちろんのこと、わからないことや身体の変化に戸惑い、不安やストレスを抱えている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

筆者は歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信しており、その中でも紹介していますが、妊娠中はお口の中も変化が現れる部分の1つです。

妊娠中のお口や歯のトラブルとは?

妊娠中の女性は虫歯が増えやすくなります。理由は4つあります。

①唾液の量が減る

②食べ物の好みが変わり、虫歯の原因になる甘い物や酸っぱい物を食べたくなる

③つわりがひどくて歯磨きができない

④1日中、何かを口にして、お口の中が虫歯になりやすい状態が続く(食べつわり)

同時に歯ぐきが腫れたり、出血しやすくなったりします。歯肉炎や歯周病です。理由は大きく次の3つです。

①つわりで歯磨きができず、汚れが残っている

②妊娠中は歯周病菌のエサとなる女性ホルモンが約7倍増える

③歯周病になりやすい30代女性の妊娠が増えている。

次ページ妊娠期に虫歯の治療はできるの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。