歯科医が警告!「妊娠」と「虫歯」のコワい真実

お口の変化が現れやすい時期の適切な対処法

妊婦さんは虫歯になりやすいのです(写真:Graphs / PIXTA)

妊娠中は心も身体もさまざまな変化が見られます。特に初めての妊娠のときは、喜びやうれしさに胸がいっぱいになるのはもちろんのこと、わからないことや身体の変化に戸惑い、不安やストレスを抱えている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

筆者は歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信しており、その中でも紹介していますが、妊娠中はお口の中も変化が現れる部分の1つです。

妊娠中のお口や歯のトラブルとは?

妊娠中の女性は虫歯が増えやすくなります。理由は4つあります。

①唾液の量が減る

②食べ物の好みが変わり、虫歯の原因になる甘い物や酸っぱい物を食べたくなる

③つわりがひどくて歯磨きができない

④1日中、何かを口にして、お口の中が虫歯になりやすい状態が続く(食べつわり)

同時に歯ぐきが腫れたり、出血しやすくなったりします。歯肉炎や歯周病です。理由は大きく次の3つです。

①つわりで歯磨きができず、汚れが残っている

②妊娠中は歯周病菌のエサとなる女性ホルモンが約7倍増える

③歯周病になりやすい30代女性の妊娠が増えている。

次ページ妊娠期に虫歯の治療はできるの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。