いじめで死なせないため、大人にできること

「いじめ防止プログラム」の理解が必須だ

オルヴェウス氏のプログラムでは、いじめが起きやすい「ホットスポット」の典型例もあげている。〈校庭〉〈ロッカールーム〉〈食堂〉〈トイレ〉〈階段の下〉〈近くに教室のない廊下〉など。そうした場所は、学校の休み時間などに大人が見守りをすることも効果があるとしている。

見守りは教師だけでなく、保護者を含めた地域ボランティアが参加することも有効だ。学校の閉鎖性を解き、多くの大人の目で見守ることは、いじめを許さないという大人のゆるぎない姿勢を行動で示すことであり、抑止にもつながる。

生徒会など、子どもたち自身が見回ることも効果があるだろう。いじめを許さない学校風土を育てることが大切だ。

イギリスのいじめ対策モデル

イギリスの学校で行われるいじめ対策モデルでは「子どもによるカウンセリング」が実施されていた。「反いじめ」に取り組む子どもたちのメンバーを決め、彼らが同級生や下級生のいじめの相談を聞く。

同年代のほうが話しやすい、という子どもは少なくない。クラスの中で孤立した時、別のクラスの友人や、他の学年の子どもとのつながりが支えになる子どももいる。子どもたち自身で解決する力を育てることは大切だ。同時に、子どもだけで抱え込まないよう、大人にも伝えることを前提とした最初のステップとして、子ども相談員は大いに活躍すると思う。

『いじめで死なせない: 子どもの命を救う大人の気づきと言葉』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

一人の独立した市民である、という意識を子どもたちに持たせ、自分たちで学校という社会を過ごしやすいものにしようという主体的な市民感覚を育てることは、いじめから身を守るだけでなく、彼らの将来に役立つ力となるだろう。

もちろん大人の強力なサポートが必要だ。特に少人数の生徒会など固定したメンバーに任せきりにすると、逆に彼らが「良い子ぶっている」などといじめの標的になる可能性があるから注意しなければならない。

繰り返すが、いじめは子どもたちだけの問題ではない。子どもたちは大人を真似している。大人が発する一言が、いじめを誘発することもある。

すべての大人が、社会で子どもたちを育てる意識を持ち、子どもたちの良いモデルとして、関わることが求められているのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT