「ストリッパー物語」ラジオ劇が示した可能性

広末涼子や広瀬すずも出演、新たな表現探る

収録に臨む出演者の広末涼子(左)と、筧利夫(中央)と、演出を担当した日本映画放送の杉田成道社長 (写真:日本映画専門チャンネル)

セリフや効果音だけでストーリーを紡ぐ「ラジオドラマ」。

オーディオドラマとも言われるが、NHK-FMで放送されている「FMシアター」「新日曜名作座」「青春アドベンチャー」といった老舗番組が代表例として挙げられる。さらに民放ラジオでも、小説をドラマ化する、TBSラジオの「ラジオシアター~文学の扉」、古典なども含めてドラマ化する文化放送の「青山二丁目劇場」、往年の「今ツボ音楽」とともに、ごくごく普通のサラリーマンの成長を描くTOKYO FMの「あ、安部礼司」など、文字どおり「聞かせるドラマ」が多く存在している。

つかこうへいの名作をラジオドラマに

そんな中、6月11日の夜にニッポン放送で放送された異色のドラマは、ラジオドラマの可能性を広げるものとなりそうだ。

その名前は、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」50周年、および日本映画放送の「日本映画専門チャンネル」開局20周年を記念したラジオドラマ「ストリッパー物語」だ。

劇作家・つかこうへいの初期の名作として知られる同名の作品が原作で、生前のつか氏に師事した羽原大介がラジオドラマとして脚色。さらに演出には国民的ドラマ「北の国から」の演出を手掛け、現在は日本映画放送の社長を務める杉田成道が担当している。

そして出演者は「豪華」という言葉しか思い浮かばない陣容だ。ストリッパーの明美役に起用されたのは、広末涼子。台本には、ステージで裸をさらすシーンや大胆なベッドシーンなどもあるが、声による演技だからこそ実現したキャスティングと言えるだろう。

次ページ本読みに3日、収録に5日
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT