米朝首脳会談「段階的な非核化」を巡る攻防

2人が会って最初の1分で答えは出る

12日に開催予定の米朝首脳会談。焦点は?(写真:ロイター)

トランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長が6月12日、シンガポールで首脳会談に臨む。史上初の会談では何が話し合われ、何が焦点になるのか。

「うまくいかない可能性もかなりある。しかし、時間がかかることになる可能性のほうがもっと高いだろう。プロセス(の始まり)になるだろう」

9日、カナダ・シャルルポワのG7首脳会談を中座して、シンガポールに向かう直前、トランプ大統領は記者会見でこう語った。

トランプ大統領が、米朝首脳会談が「プロセスの始まりだ」と言い始めたのは、6月1日に、大統領執務室で、金委員長側近の金英哲・党副委員長と会った直後からだ。

トランプ大統領「会談は始まりだ」

トランプ大統領は「会談は(非核化交渉の)始まりだ」「『最大限の圧力』という言葉は使いたくない」と北朝鮮側に配慮する姿勢をみせ、会談の成果についての期待値を下げようとし始めた。

会談では実際に何が話し合われるのか。トランプ政権に近い関係者が明かすのは、思った以上に準備交渉が進んでいる内実だ。

関係者によると、「議題で、いちばんのプライオリティーは『非核化交渉』に置かれている。それ以外の議題には、『ICBM(大陸間弾道弾)』『非ICBM』『化学・生物兵器の禁止』『拉致問題』が上がっている」という。

非核化交渉では、大まかにどのような方式をとるのかが議論されている模様だ。

そして興味深いのは、関係者によると、トランプ政権内では、「10年以内の段階的な非核化」という案が浮上しているという。

もともと、トランプ政権は、即時の非核化を唱えていたが、「段階的な非核化」を主張する北朝鮮側との交渉の末、いまは「10年以内の段階的非核化」に傾いているという。

次ページ「即時」か「段階的」か
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。