米朝首脳会談「段階的な非核化」を巡る攻防

2人が会って最初の1分で答えは出る

12日に開催予定の米朝首脳会談。焦点は?(写真:ロイター)

トランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長が6月12日、シンガポールで首脳会談に臨む。史上初の会談では何が話し合われ、何が焦点になるのか。

「うまくいかない可能性もかなりある。しかし、時間がかかることになる可能性のほうがもっと高いだろう。プロセス(の始まり)になるだろう」

9日、カナダ・シャルルポワのG7首脳会談を中座して、シンガポールに向かう直前、トランプ大統領は記者会見でこう語った。

トランプ大統領が、米朝首脳会談が「プロセスの始まりだ」と言い始めたのは、6月1日に、大統領執務室で、金委員長側近の金英哲・党副委員長と会った直後からだ。

トランプ大統領「会談は始まりだ」

トランプ大統領は「会談は(非核化交渉の)始まりだ」「『最大限の圧力』という言葉は使いたくない」と北朝鮮側に配慮する姿勢をみせ、会談の成果についての期待値を下げようとし始めた。

会談では実際に何が話し合われるのか。トランプ政権に近い関係者が明かすのは、思った以上に準備交渉が進んでいる内実だ。

関係者によると、「議題で、いちばんのプライオリティーは『非核化交渉』に置かれている。それ以外の議題には、『ICBM(大陸間弾道弾)』『非ICBM』『化学・生物兵器の禁止』『拉致問題』が上がっている」という。

非核化交渉では、大まかにどのような方式をとるのかが議論されている模様だ。

そして興味深いのは、関係者によると、トランプ政権内では、「10年以内の段階的な非核化」という案が浮上しているという。

もともと、トランプ政権は、即時の非核化を唱えていたが、「段階的な非核化」を主張する北朝鮮側との交渉の末、いまは「10年以内の段階的非核化」に傾いているという。

次ページ「即時」か「段階的」か
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT