新潟知事選勝利で高まった「安倍3選」の機運

岸田氏や石破氏の動向にも注目集まる

 6月11日、10日投開票された新潟県知事選で自民、公明両党が支持する前海上保安庁次長の花角英世氏が、野党5党など推薦の元県議、池田千賀子氏らを破り初当選した。写真は安倍首相。イスラエルのエルサレムで5月撮影(2018年 ロイター/Reuters)

[東京 11日 ロイター] - 10日投開票された新潟県知事選で自民、公明両党が支持する前海上保安庁次長の花角英世氏が、野党5党など推薦の元県議、池田千賀子氏らを破り初当選した。

森友・加計問題で野党側の批判を受けてきた安倍晋三政権は、今回の勝利を機に、終盤国会を与党優位で運営できるとの声が自民、公明両党から出ている。また、9月に予定されている自民党総裁選で、安倍首相の3選の可能性が高まったとの受け止め方が広がっている。

事前の世論調査では、接戦との見方が多かったが、開票結果は花角氏54万6670票に対して池田氏50万9568票と、3万7000票余りの差を付けた。永田町では、与党系が「快勝」したとの分析が出ている。

「進次郎なしでも勝てた」

自民党内では9月の総裁選を巡り、新潟県知事選は重要な節目とみられていた。主要派閥のうち、総裁選への対応を明確にしていない竹下派内では「野党候補が勝てば(安倍総裁では)来年の参院選は戦えないとの意味で政局になる。与党候補勝利なら(安倍)3選で決まり」(幹部)との見方が出ていた。

安倍政権は森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざんが明らかになった今年3月以降、内閣支持率が3-4割で推移。その一方で不支持率が支持率を上回っていた。

森友・加計問題による安倍内閣への不満が、与野党対決型の大型選挙でどのように出てくるのか、多くの自民党議員が注視していたが、与党系の勝利で自民党総裁選における安倍首相の立場は、かなり有利になったという情勢分析が、同党内で急浮上している。

実際、自民党の二階俊博幹事長は10日夜、党本部で記者団に対し「総裁選に追い風、良い風が吹いてきたと判断して間違いない」と述べ、安倍首相が優勢になったとの見解を示した。

また、党内で人気の小泉進次郎・筆頭副幹事長が新潟県知事選では応援に行かず「進次郎なしでも勝てた」(与党筋)との声もある。

自民党内では竹下派、岸田派、石原派などが総裁選への対応を明確にしていない。その中で、最も対応が注目されているのが、岸田文雄政調会長だ。

同党内では、岸田氏が立候補を表明すれば、安倍批判を繰り広げる石破茂元幹事長らとの激しい選挙戦が予想されるが、岸田氏が立候補見送りを表明すれば、その時点で安倍3選の可能性がいっそう高まるとの見方がある。

6月20日の通常国会会期末を控え、会期延長問題がどのように決着するかも含め、岸田氏や石破氏の動向にスポットが当たる局面が到来しそうだ。

(竹本能文 編集:田巻一彦)

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。