大学4年で起業を決意した男の予期せぬ末路

確実に稼ぐか、大当たりできなければ厳しい

逆にどんな起業なら成功するのか。2つある。私は「キャッシュエンジン型」と「スケール型」と名付けている。

キャッシュエンジン型は、キャッシュ(日銭)を確実に稼ぎ、事業を延々と継続するための原資となるエンジン(事業継続の原動力)をあらかじめ持って起業する経営手法のことである。多くの場合は地味だが、目立たないがゆえに見逃されている。

収穫逓増型の事業モデルの「スケール型」

一方、最初に開発のための多額の資金が必要になるが、そこを乗り越えて一発当たれば、一夜にして大金持ちになることも夢ではない、収穫逓増型の事業モデルのことを「スケール型」と呼んでいる。典型例としては、「パズドラ」を当てたガンホー・オンライン・エンターテイメントや、SNSのmixiや「モンスト」を当てたミクシィなどが挙げられる。

こうした会社が成功した場合は、上場して株式を公開(IPO)するか、企業に事業を売り渡す(バイアウト)かになる。これらをあわせて「イグジット」という。イグジットとは「出口」を意味する言葉で、ベンチャー起業家やベンチャー投資家(ベンチャーキャピタル)が、投資した資金を回収する手段のことである。

バイアウトが目的ならば、ほとんどの場合、労働集約的にコツコツ資金を貯める必要はない。ヒットするサービスが一つあれば十分だ。しかし株式を公開する場合はそうはいかないことも多い。一般の株主におカネを出してもらう以上、その会社は継続して利益を出す責任がある。よくいわれるゴーイング・コンサーン、つまり永続的に会社を大きくする必要があるからだ。

もちろんスケール型の事業を大きく当てて上場した会社もかなり多くある。しかし、そんなスケール型の事業を営んでいる会社でも、安定的な成長を続けるためには、キャッシュエンジン型事業“も”自社の事業のポートフォリオの中に組み込むことが、今後の会社経営を助けてくれる大きな力になる。

『起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営』(文響社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

なぜならスケール型の事業の多くが、「プロダクトライフサイクルの罠」から逃れられないからだ。プロダクトライフサイクルとは、どんな製品やサービスにも「製品導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」という名の売り上げの波が存在していることを示す言葉である。転じて、どんなに好調な商品であっても、いずれ終わりがくることを示す概念である。

すなわち、スケール型の事業で起業を行った会社は、最初のスケール型の事業が衰退する“前に”、次のスケール型の事業を開発し、当てておかなければ、倒産の憂き目にあうことさえあるということだ。

そうならないように、スケール型の事業を行いつつ、並行して手堅く日銭を稼ぎ続けるキャッシュエンジン型の事業を経営のポートフォリオの中に“組み込んで”おけば、大きな成長も狙いつつ、同時に会社を潰さない安定的な企業経営が可能になる。これこそが、サイバーエージェントやライブドアが行っていた、起業・独立して会社を3年で潰さないための秘訣である。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT