金正恩が「独特なヘアスタイル」を貫くワケ

会談直前!池上彰氏が北朝鮮の腹の内を解説

政治や国際関係には、必ず表と裏があります。金正恩のこの行為は、自国では軍部を掌握するためにアメリカとの緊張状態をつくり出す。アメリカに対しては「北朝鮮と直接交渉して平和協定を結んだほうがいい」と思わせるためのアピールだったと考えられます。

金正恩にとっても、核開発は悲願です。なんとしても核兵器を作りたい。しかしアメリカからの攻撃が怖くて仕方がない。

そこでアメリカのニューヨークやワシントンまで届くICBM(大陸間弾道ミサイル)を完成させれば、アメリカから攻撃されることはないだろうと考えます。しかし、ICBMが完成するまでには、もう少し時間がかかる。だから今、北朝鮮を攻撃したら大変なことになるぞ、とアメリカとアメリカ軍が駐留する韓国、日本を牽制し、時間稼ぎをしてきたのです。

とにかく核兵器をつくるという大目標があって、そのためには嘘をついてもかまわない。守る気のない条約を結んでもかまわない。そういうことを北朝鮮は続けてきたのです。

北朝鮮が核保有に執着する理由

ではなぜ、北朝鮮は核兵器を持つことに執着してきたのでしょうか。

『池上彰の世界の見方 朝鮮半島:日本はどう付き合うべきか』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ICBMができたら、もう、アメリカから攻撃されないと考えますよね。アメリカに対して、「北朝鮮を核保有国と認めなさい、そして平和条約を結びましょう」と言うことができるわけです。現在も朝鮮戦争は休戦している状態で、終わっていません。本当にこれで朝鮮戦争を終わりにしましょう、ということを北朝鮮は狙っているのです。

平和条約を結んでしまえば、「北朝鮮はアメリカを攻撃しません。韓国を攻撃することもありません。だから、アメリカ軍は、もう、韓国にいる必要はないですよね。どうぞお引き取りください、朝鮮半島は平和になるんですから」──北朝鮮は、将来的には、そういう理屈をつけて、韓国からアメリカ軍を撤退させようと考えている。アメリカ軍がいなくなれば、韓国は核兵器を持っていないから朝鮮半島はこっちのものだ、という長期戦略を持っているのでしょう。

国際社会は、北朝鮮のそういう思惑を察しています。アメリカが北朝鮮の核保有を認めて平和条約を結ぶことはないと考えています。ところがアメリカのトランプ大統領は「アメリカファースト」、アメリカ第一主義を唱えています。アメリカさえよければ、ほかの国はどうなってもいい、という独善的な考え方です。「再び朝鮮戦争が始まっても、死ぬのは朝鮮半島の人々でアメリカには関係ない」という発言をしたこともあります。

トランプ大統領が日本のことを考えずに、北朝鮮と平和条約を結んでしまうのではないか。日本の政府の中にも、疑心暗鬼になっている人たちがいます。

アメリカのトランプ、北朝鮮の金正恩、予測不能な両国の間で、日本はどんな対応をすればよいのか。大変難しい課題に直面しているのです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。