絶滅危急種「クロクスクス」の赤ちゃん誕生

ポーランドの動物園で

 5月29日、ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれたことが明らかに。動画のキャプチャー画像から(2018年 ロイター)

[ブロツラフ(ポーランド) 29日 ロイター] - ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれた。クロクスクスは、世界の4つの動物園で13頭が飼育されている。

クロクスクスの原産はインドネシアのスラウェシ島。灰黒色の毛を持ち、かぎ爪と長い尾が特徴。森林伐採と狩猟が主な懸念要因で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危急種(vulnerable)に指定されている。

動物園によると、赤ちゃんは名前はつけられておらず、現在は非公開。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。