絶滅危急種「クロクスクス」の赤ちゃん誕生

ポーランドの動物園で

 5月29日、ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれたことが明らかに。動画のキャプチャー画像から(2018年 ロイター)

[ブロツラフ(ポーランド) 29日 ロイター] - ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれた。クロクスクスは、世界の4つの動物園で13頭が飼育されている。

クロクスクスの原産はインドネシアのスラウェシ島。灰黒色の毛を持ち、かぎ爪と長い尾が特徴。森林伐採と狩猟が主な懸念要因で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危急種(vulnerable)に指定されている。

動物園によると、赤ちゃんは名前はつけられておらず、現在は非公開。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?