絶滅危急種「クロクスクス」の赤ちゃん誕生

ポーランドの動物園で

 5月29日、ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれたことが明らかに。動画のキャプチャー画像から(2018年 ロイター)

[ブロツラフ(ポーランド) 29日 ロイター] - ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれた。クロクスクスは、世界の4つの動物園で13頭が飼育されている。

クロクスクスの原産はインドネシアのスラウェシ島。灰黒色の毛を持ち、かぎ爪と長い尾が特徴。森林伐採と狩猟が主な懸念要因で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危急種(vulnerable)に指定されている。

動物園によると、赤ちゃんは名前はつけられておらず、現在は非公開。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT