絶滅危急種「クロクスクス」の赤ちゃん誕生

ポーランドの動物園で

 5月29日、ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれたことが明らかに。動画のキャプチャー画像から(2018年 ロイター)

[ブロツラフ(ポーランド) 29日 ロイター] - ポーランド南西部のブロツラフ動物園で、希少な有袋類のクロクスクスの赤ちゃんが1頭生まれた。クロクスクスは、世界の4つの動物園で13頭が飼育されている。

クロクスクスの原産はインドネシアのスラウェシ島。灰黒色の毛を持ち、かぎ爪と長い尾が特徴。森林伐採と狩猟が主な懸念要因で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危急種(vulnerable)に指定されている。

動物園によると、赤ちゃんは名前はつけられておらず、現在は非公開。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。