住友重機、220億円M&Aで「脱・重厚長大」なるか

産業ロボットの本場・欧州で橋頭堡築く

ラファート社買収を発表する田中利治専務。ラファート社は誘導モータ―の売り上げが全体の約半分を占める(記者撮影)

住友重機械工業(以下、住重)が海外拡大をにらんで重い腰を上げた。5月25日、イタリアの産業用モーター・ラファート社を220億円で買収すると発表したのだ。

住重は造船を手がける重工大手の一角だが、近年伸びているのは産業ロボット用精密減速機器。今回の買収は、その成長分野であるロボット用機器の拡大を見込んだものだ。

3年間で事業売上高を2倍にする計画

同機器を手がけるパワートランスミッション・コントロール(PTC)事業部は2020年3月期までの中期計画で、2017年3月期に986億円にすぎなかった同事業の売上高を倍以上の2000億円にする目標を設定。市場成長率を上回るオーガニック(自律的な)成長に加えて、M&Aによる非オーガニック成長によって達成することを明言してきた。

M&A資金として中計期間中に設定していたのは300億円。この買収資金の大半が今回のラファート買収に充てられる。買収資金は銀行借り入れで前2018年3月期末までにすでに手当て済みだという。

造船事業の長期低迷や国内原子力発電所の操業停止、海外原発の新規案件見送りが続く中、重工各社は従来型の重厚長大事業以外に活路を求めつつある。三菱重工はターボチャージャーやフォークリフト、IHIもターボチャージャーで成長を模索する。そして住重は、川崎重工と同じく、油圧機器や産業用ロボットに焦点を当てた。

ラファート社の2017年12月期の売上高は196億円、営業利益は13億円。過去3期、13億~14億円の営業利益を計上している。ラファート社は大きめのモーターが得意で、「顧客ニーズに応じた製造や、欧州での顧客基盤が大きいことに特徴がある」(PTC事業部長の田中利治取締役専務執行役員)。客先は欧州が全体の4分の3にのぼる。

次ページロボット向けは欧州が最先端
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。