住友重機、220億円M&Aで「脱・重厚長大」なるか

産業ロボットの本場・欧州で橋頭堡築く

買収の狙いは住重のギアとラファート社のモーターを組み合わせたギア一体型モーターの製造開発だ。欧州メーカーと組んだのは、「ロボットの位置決め技術などで欧州が最も進んでいるから。欧州での存在感を高めるために、ラファート社の顧客基盤に期待している。ただ単にくっつけるだけではない。ラファート社のカスタマイゼーションの強さと住重の技術とがうまく融合して新しい価値を提供できるようにしたい」(田中専務)。

ラファート社と組むことで、ロボットの位置決め製品のほか、搬送物流や食品飲料機械のオートメーション化、風力発電などでの活用が見込めるという。

「PTCの成長の絵を描くうえでサーボ技術が必要だった。欧州で高い技術を持つのがラファート社。昨年後半にこちらからアプローチした」(田中専務)。サーボモーターと聞くと脳裏に浮かぶのが日本電産だが、「日本電産とはギアでがっぷり競合しているので、当社が組むことはありえない」(同)。

「海外で成長」で一枚岩に

約1年前にPTCグローバル本部長に就任したショーン・ディーン執行役員は、「住重の経営陣は『今後の成長のかなりの部分は海外からだ』という認識で一枚岩になっている。21年間、住重グループにいるが、ここ2年の変化は大きく、加速度的だ」と解説した。

「ラファート社はこれまで同族経営だったので他社に買収されることに不安を持ちがちだが、住重は長期的視野に立って投資をしてきた。私も異なる企業文化との融合を長年、手掛けてきた」。ディーン氏はそうも語り、PMI(買収後の経営統合)に自信をのぞかせた。

ラファート社の純資産は40億円弱と買収金額の2割弱にすぎず、会計上ののれんが発生する。のれんの総額や毎期の償却額(利益にマイナス)は今後決めるが、のれん償却の発生で営業利益への影響はトントン程度になりそうだという。

つまり、買収の狙いは業績貢献よりも欧州での存在感拡大にある。PTC事業全体の活性化につなげることはできるか。買収の規模はそれほど大きくないが、今後の住重の方向性を見定める試金石となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。