ソウルの小さな本屋で起きている大きな進化

韓国では若い店主たちが本の新しい形を提供

ソウルにある猫本専門店「シュレーディンガー」。店内でコーヒーも飲める(筆者撮影)

3歩歩けばカフェに当たるーー。ちょっと大げさかもしれないが、韓国・ソウルの街には本当にカフェが多い。そして、ここ2,3年の間には、カフェはカフェでもブックカフェや小さな本屋さんもよく見かけるようになった。

先日、ソウルでも人気の街、大学路を歩いていたら、急勾配の坂道の途中に洒落た看板がかかった小さな店が目に入った。大学路は小劇場や飲食店などが渾然一体となったパワフルな文化の街。公園に続くその坂には昔ながらの商店も軒を連ねていて、その合間にエッジのきいた店がちらりほらり散在していた。

店の名前は「シュレーディンガー」。

ガラス越しには大きな猫の置物が見える。うん? と思っていると、欧州から来たと思われる観光客が吸い込まれるように入って行く。つられるように中に入ってみると、店内は猫、猫、猫の猫だらけ。
「シュレーディンガー」は猫本を専門とするブックカフェだった。

アップデートできる書店が誕生

店主の金ミジョンさん(30代)がお店を始めたのは2年前。開業を決断してから開店まで1年ほどかかったという。

「本に携わる仕事がしたくて、本当は図書館を運営してみたかったんです。古文書関関連の会社を辞めた後、調べてみたら、図書館は維持するのが大変で現実的ではありませんでした。良いコンテンツが生き残る今の時代で、知識サービスができるものと考えてたどり着いたのが、アップデートできる書店、テーマのある書店でした」

自身が猫好きで、猫2匹と暮しているが、初めての猫を迎え入れたときは知識も何もなかった。実用書やインターネットから得た知識の中には誤ったものもあり、とてもかわいそうな思いをさせたこともあったという。

猫本がずらり。日本の猫本も!(筆者撮影)

「そんな贖罪の意味もあって、猫に関する正しい知識が得られる、そんな本をそろえられたらという思いもありました。それに、韓国にはまだ猫を専門とした実と名を備えた本屋さんが存在しなかった。それなら私がやろう、猫本専門店としてのプラットホームになりたいと『シュレーディンガー』を始めたんです」

韓国では昨年くらいから猫人気が顕在化しているが、2年ほど前にはまだそんな雰囲気はなかったから、時代を読む目があったのだろう。

次ページシュレーディンガーならではの特徴
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。