「就活生への心ない発言」が頻発する採用現場

「身の丈就活を」「恋人の有無は」と平気で話す

7.面接で異性に関する質問​​​​​​​​​​

学生から見られている場で、男女がふざけ合っている企業も目に余る。男女のモラルは、社内の風紀にかかわる重要課題だ。部内の打ち上げや忘年会で、仲のいい男女がイチャついても容認されるかもしれないが、説明会のような場では完全にアウトだろう。

「インターンシップの合同説明会で、若い女性社員と年配の男性社員がふざけ合っていて、場にふさわしい行動が取れない企業だと感じた」(筑波大学・理系)

面接で恋人の有無を聞く人事担当

​「職業安定法」では個人情報の取り扱いについて規定しており、面接でのNG質問は、家族の職業、本籍、宗教、支持政党、愛読書など。加えて交際相手に関する質問も、適性や能力とはまったく関係のない内容で、セクハラにも該当する。

しかし、そうしたことを無視して、質問する企業があるようだ。面接官にコンプライアンス(法令順守)の意識がなく、リスク管理ゼロと言わざるを得ない。もしかするとそうした法律があることを知らないのではないか。

「面接で、好きな異性のタイプや、恋人の有無、親の職業を聞かれた。集団だったので、とても恥ずかしく不快であった」(青山学院大学・文系)

8.「外国人は採らない」…高い壁に苦戦する留学生

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします
​​

最後に外国人について紹介しよう。大学のキャンパスに行くと、多くの言語が飛び交い、外国人留学生の増大が顕著である。卒業時に日本での就職を望む学生も多いが、依然として外国人に対する壁は高いようだ。下記の学生は外国人のようだが、就活に苦戦している様子が読み取れる。

「外国人に対する好ましくない発言」(早稲田大学・文系)
「外国人を採用する意向はまったくありませんね」(中央大学・文系)

​以上、学生が聞きたくなかった人事の言葉を紹介してきたが、こんな不用意な発言をして、必要な学生が採用できるとは思えない。学生に接して話す人事、社員、面接官の人選には、気を配ってほしい。社会人として成熟した振る舞いのできない大人は見苦しいものである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT