木星の衛星「エウロパ」に地球外生命体存在か

月よりやや小さいサイズの氷に覆われた衛星

 5月14日、1997年にNASAの宇宙探査機ガリレオが木星の衛星エウロパの地表200キロの高度を通過してプルームを通り抜けた際のデータをあらためて分析したところ、水が宇宙に噴出していることを示す根拠が見つかり、エウロパは地球外生命体が存在する可能性のある有力な候補となった 。写真はNASA提供のイメージ図(2018年 ロイターNASA/JPL-Caltech/SETI Institute/)

[ワシントン 14日 ロイター] - 1997年に米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機ガリレオが木星の衛星エウロパの地表200キロの高度を通過してプルームを通り抜けた際のデータをあらためて分析したところ、水が宇宙に噴出していることを示す根拠が見つかったとの研究結果が、ネイチャー・アストロノミー誌に掲載された。これにより、エウロパは地球外生命体が存在する可能性のある有力な候補となった。

分析は、米ミシガン大学の宇宙物理学者Xianzhe Jia氏が主導。記事は、ガリレオが捕らえた磁場のゆがみが地下の海から氷の地殻を突き抜けて宇宙に噴出している間欠泉によって生じていたと考えられると報告した。今回の分析結果を含め、これまでにもエウロパにはプルームが存在する根拠が示されている。

エウロパは、月よりやや小さいサイズで、厚さ15─20キロの氷の層の下に深さ60─150キロの海が存在する。生命体存在の可能性が考えられている天体はほかにもあり、土星の衛星エンケラドスのプルームをNASAの探査機カッシーニが採取したところ、地球の生命誕生をもたらした可能性があるとされる熱水噴出孔から噴出した水素が発見されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT