金正恩は錯綜する米国の動きに戸惑っている

1カ月に2度の中国訪問が意味すること

2つ目が、4月27日に行われた南北首脳会談である。朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に転換する目標で南北が一致したこと、そして朝鮮半島の非核化目標が共同声明に盛り込まれた点が特に重要だ。

いずれも、少なくとも一時的には北朝鮮をめぐる緊張緩和に寄与する動きであり、中国政府からも前向きに受けとめられている。

さらに、王毅外相による訪朝をはじめ、中国から複数の外交関係者が平壌入りしている。米国のマイク・ポンペオ国務長官が先日、再び平壌に飛んだことも目を引く。このように外交環境が活発化する中で行われたのが、2度目の中朝会談だった。

北朝鮮メディアでは報じられなかったこと

中国と北朝鮮のメディアでは、今回の中朝会談の扱いは大きく違っていた。報道における相違点は3月に行われた前回の首脳会談のときと同じようなものであり、双方の立場の違いが今も消えずに残っていることを示している。

両国メディアはともに2カ国の協力関係や相互信頼に言及し、今後も対話を続けるとした金委員長と習主席の発言を紹介した。また、核と経済の並進路線から経済一本へと舵を切った北朝鮮の戦略転換について、習主席が賛意を示したことも双方のメディアが報じている。

だが、重要なのは、「関係国が敵対的な政策を放棄し、北朝鮮の安全を脅かさないのであれば、朝鮮半島の非核化は実現可能だ」という金委員長の発言が、中国メディアでしか報じられなかったことだ。

北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央通信(KCNA)は、この点についてまったく触れていない。北朝鮮メディアは、北朝鮮が行った最近の非核化宣言についても、これまでほとんど言及しておらず、中朝会談でもこうした方針が貫かれている。

次ページ2回目の中朝会談はあまり満足のいくものでなかった?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT