パナソニック、今期営業利益は11.7%増計画

車載関連の事業好調で「2ケタ増益」は確保

津賀社長はアビオニクス事業について「昔から山と谷があり、特に大型機については山と谷が激しい」と説明。「われわれは得意とする大型機はちょうど谷に差し掛かっており、2020年以降また復活する」との見通しを示した。

ただ「長期的にはビデオオンデマンド(サービス)はかなり成熟しているので、ネット接続などさまざまなデジタルサービスを提供する部分に開発をシフトしている最中だ」とも付け加えた。

今期の営業利益予想4250億円が、同社が中期計画で掲げていた4500億円を下回っていることについては、中期計画が1ドル115円を前提にしていることを説明した上で「今期は少し堅めに1ドル105円でみて4250億円にした。4500億円の目標目線は変えていない」と述べ、あくまで為替レートの差であることを強調した。

全体の売上高は前年比4.0%増の8兆3000億円と2期連続の増収・増益を見込んでいる。

前期は7年ぶり増収増益

2018年3月期は売上高が前年比8.7%増の7兆9821億円、営業利益は同37.5%増の3805億円だった。為替の影響を除くと、2011年3月期以来、7年ぶりの増収・増益となった。

津賀社長は「先手先手で事業内容を変えていくことができた結果が7年ぶりの増収・増益につながった。絶えず先手を打っていけばこの傾向を継続できるのではないか」と語った。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。