パナソニック、今期営業利益は11.7%増計画

車載関連の事業好調で「2ケタ増益」は確保

津賀社長はアビオニクス事業について「昔から山と谷があり、特に大型機については山と谷が激しい」と説明。「われわれは得意とする大型機はちょうど谷に差し掛かっており、2020年以降また復活する」との見通しを示した。

ただ「長期的にはビデオオンデマンド(サービス)はかなり成熟しているので、ネット接続などさまざまなデジタルサービスを提供する部分に開発をシフトしている最中だ」とも付け加えた。

今期の営業利益予想4250億円が、同社が中期計画で掲げていた4500億円を下回っていることについては、中期計画が1ドル115円を前提にしていることを説明した上で「今期は少し堅めに1ドル105円でみて4250億円にした。4500億円の目標目線は変えていない」と述べ、あくまで為替レートの差であることを強調した。

全体の売上高は前年比4.0%増の8兆3000億円と2期連続の増収・増益を見込んでいる。

前期は7年ぶり増収増益

2018年3月期は売上高が前年比8.7%増の7兆9821億円、営業利益は同37.5%増の3805億円だった。為替の影響を除くと、2011年3月期以来、7年ぶりの増収・増益となった。

津賀社長は「先手先手で事業内容を変えていくことができた結果が7年ぶりの増収・増益につながった。絶えず先手を打っていけばこの傾向を継続できるのではないか」と語った。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。