米ゴールドマンの第3四半期は2%減益

トレーディング収入が軟調

10月17日、米ゴールドマン・サックス・グループが発表した第3・四半期決算は、債券取引の減少が収入を圧迫し、2%の減益となった。写真はニューヨーク証券取引所で9月撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)

[17日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス・グループが17日発表した第3・四半期決算は、債券取引の減少が収入を圧迫し、2%の減益となった。

第3・四半期の利益は14億3000万ドル(希薄化後1株当たり2.88ドル)。前年同期は14億6000万ドル(同2.85ドル)だった。

ゴールドマンは四半期配当を1株当たり0.50ドルから0.55ドルに引き上げた。

債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小に踏み切るとの観測などを背景に、数週間にわたり取引が低迷した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
  • 地方創生のリアル
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。