米ゴールドマンの第3四半期は2%減益

トレーディング収入が軟調

10月17日、米ゴールドマン・サックス・グループが発表した第3・四半期決算は、債券取引の減少が収入を圧迫し、2%の減益となった。写真はニューヨーク証券取引所で9月撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)

[17日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス・グループが17日発表した第3・四半期決算は、債券取引の減少が収入を圧迫し、2%の減益となった。

第3・四半期の利益は14億3000万ドル(希薄化後1株当たり2.88ドル)。前年同期は14億6000万ドル(同2.85ドル)だった。

ゴールドマンは四半期配当を1株当たり0.50ドルから0.55ドルに引き上げた。

債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小に踏み切るとの観測などを背景に、数週間にわたり取引が低迷した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。