ベルリンで増殖のアメリカザリガニが食用に

近く市内のレストランのメニューに登場

 5月7日、昨夏にベルリンの路上に大量出現したアメリカザリガニが、近く市内のレストランで食用に供される見通しとなった。当局が公共の池から捕獲・移動することを許可したという。写真は昨年8月撮影(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 7日 ロイター] - 昨夏にベルリンの路上に大量出現したアメリカザリガニが、近く市内のレストランで食用に供される見通しとなった。当局が公共の池から捕獲・移動することを許可したという。

アメリカザリガニは、欧州連合(EU)の侵略的外来種に指定されており、在来種が抵抗性を持たない感染症を媒介するが、ドイツの水族館では人気がある。飼い主が捨てた個体が、好ましい気象条件のもとで繁殖したとみられている。

地元議員がDPA通信に語ったところでは、捕獲許可の期限は年内で、すでに1600匹が捕獲されている。DPAは、検査の結果アメリカザリガニは食用利用が可能と分かっており、捕獲した釣り人たちは地元飲食店に販売する計画と伝えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT