ベルリンで増殖のアメリカザリガニが食用に

近く市内のレストランのメニューに登場

 5月7日、昨夏にベルリンの路上に大量出現したアメリカザリガニが、近く市内のレストランで食用に供される見通しとなった。当局が公共の池から捕獲・移動することを許可したという。写真は昨年8月撮影(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 7日 ロイター] - 昨夏にベルリンの路上に大量出現したアメリカザリガニが、近く市内のレストランで食用に供される見通しとなった。当局が公共の池から捕獲・移動することを許可したという。

アメリカザリガニは、欧州連合(EU)の侵略的外来種に指定されており、在来種が抵抗性を持たない感染症を媒介するが、ドイツの水族館では人気がある。飼い主が捨てた個体が、好ましい気象条件のもとで繁殖したとみられている。

地元議員がDPA通信に語ったところでは、捕獲許可の期限は年内で、すでに1600匹が捕獲されている。DPAは、検査の結果アメリカザリガニは食用利用が可能と分かっており、捕獲した釣り人たちは地元飲食店に販売する計画と伝えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。