マネックスを空売りして大損してしまった

失敗したら素直に間違いを認める勇気も必要

【4月27日 金曜日】日経225先物は、120円高の2万2440円、NYダウは、238ドル高の2万4322ドル。注目のマネックスは、まさかの売り気配スタートで、9時3分、20円安の650円で寄り付く。9時15分、19円高の689円の高値を付ける場面はあったが、大引けでは、46円安の624円と大幅安。決算発表終了で材料出尽くしか。岡三オンラインメールマガジンの「勝ってる人の売ってる株」第1位は、マネックスグループ。日経平均は、148円高の2万2467円。

【4月28日 土曜日】GW突入! 日経225先物は、70円安の2万2440円、NYダウは、11ドル安の2万4311ドル。1ドル=109.07円、1ユーロ=132.32円。

マネックスの空売りは、結局トータル42万円超の損失

【5月1日 火曜日】NYダウは、148ドル安の2万4163ドル。マネックスグループは、買い気配スタートで13円高の637円で寄り付く。12時57分、46円高の670円で、5000株を買い返済し、67万5029円の損失確定。新規売りは、4月12日に536円で。終値は、45円高の669円。

なかなか思惑どおりに下がらず、毎日値動きを見ているのに、疲れてしまったので、ひとまず手仕舞うことにした。マイルールとしては、1売買で100万円の損失を超えたら、素直に間違いを認めて手仕舞うことにしているが、今回は、4月23日の利益確定分24万8616円と合計すると42万6413円の損失となった。年に1回やるかやらないか程度の空売りで、ちょっとやけどしてしまったかな。先日、復配発表のカッパ・クリエイトは、98円高(7.24%)の1451円と大幅高。日経平均は、40円高の2万2508円と小反発。

【5月2日 水曜日】日経225先物は、40円高の2万2540円。日経新聞朝刊7面に、「新生銀行、ATM無料廃止」とあった。私は、サブ口座として利用しているので、気になって読んで調べてみたら、無料廃止は、スタンダード口座の人が対象で約100万口座あるそうだ。

ほかに取引条件に応じて、ゴールドステージ、プラチナステージがある。取引条件がまったくなく、口座を開設しただけ(スタンダード)で、他社(どの提携ATM)夜間土日祝日でも、何回でも入出金手数料が無料だったのが、魅力的だったのだが、10月より有料(108円)となるようだ。

次ページ銀行業界も世知辛くなってきた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT