キラウエア火山噴火、住宅26軒倒壊の被害

2000人近くの住民が避難

 5月6日、米ハワイ州ハワイ島で3日に噴火したキラウエア火山は、噴火活動が続いた。溶岩が住居のある地域まで流れ、2000人近くの住民が避難している。ハワイ郡当局によるとこれまでに26軒の住宅が倒壊した。通りに流れる溶岩。ハワイ島レイラニ・エステーツ地域で撮影。提供写真(2018年 ロイター)

[パホア(ハワイ) 6日 ロイター] - 米ハワイ州ハワイ島で3日に噴火したキラウエア火山は、6日も噴火活動が続いた。溶岩が住居のある地域まで流れ、2000人近くの住民が避難している。ハワイ郡当局によるとこれまでに26軒の住宅が倒壊した。

レイラニ・エステーツ地域では、一夜のうちに新たな亀裂ができた。高さ約70メートルまでマグマが噴出する現象も確認された。

現時点で、死傷者は報告されていない。

避難住民の一部は6日、ペットを救出したり、貴重品を持ち出したりするため、一時的に帰宅した。

米地質調査所(USGS)によると、ハワイ島南東部は4日、1975年以来の規模となるマグニチュード(M)6.9の地震に襲われた。

今後も溶岩の噴出が続くと予想されている。ただ、溶岩が流れ出ている地域はハワイ島のリゾート地域からは遠く、ハワイ島の他の地域や他の島のビジネスなどに影響は出ていないという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT