文系学生が選ぶ「就職人気ランキング」100社

メガバンク人気が航空や他の金融へと分散

結果を見ていこう。

1位は昨年3位の全日本空輸(ANA)、2位は昨年9位の日本航空(JAL)という順で、総合順位と同じ並びになった。

昨年までは文系のメガバンク人気が根強かったが、今年は様相が少し異なっている。

昨年の文系順位は1位三菱UFJ銀行、2位みずほフィナンシャルグループ、3位ANAだった。それが、3位だったANAが首位に躍り出て、国内の2大エアライン会社がワン・ツーを奪取。要因は、2020年の東京五輪の開催や、インバウンド(訪日外国人旅行客)の増加で、エアライン業界を成長企業と評価し、志望する学生が多くなっているからと思われる。

一方、メガバンクは、人員削減方針や採用数の削減などが伝えられており、文系学生の”テッパン人気”から一歩後退した状況だ。そうしたメガバンク票の一端が、航空・旅行業界やメガバンク以外の金融などへと、分散したのかもしれない。

3位にりそな、メガバンク以外の金融に人気

その受け皿になったのが、3位にランクインしたりそなグループだろう。昨年の文系順位は14位だったので、かなりのジャンプアップだ。

ランクアップの要因として考えられるのは、採用数を大きく減らしていないこと。同グループの採用はりそな銀行、埼玉りそな銀行の合同となっているが、2017年11月28日配信の「最新版『新卒を多く採用する会社』トップ200」を見ると、昨年(2018年卒)の採用からメガバンク勢が採用数を減らしている中、りそなグループ(表記は「りそなホールディングス」)は、逆に採用数を増やしている。さらに、採用実績校や残業時間といった、ほかの銀行が出さない情報についても開示する姿勢があり、そうした点も学生に評価されたのかもしれない。

4位には昨年文系順位2位のみずほフィナンシャルグループが入り、5位日本生命保険、6位野村證券、7位大和証券グループと、金融業界の会社が続く。昨年1位の三菱UFJ銀行は9位とトップ10には踏みとどまった。

それ以外のトップ10には、8位にJTBグループ、10位ANAエアポートサービスが入り、トップ10は金融業界か、航空・旅行業界のいずれかになっている。

おおむね総合順位と変わらないのが文系順位の傾向だが、総合順位との差から、「より文系に人気のある企業」について探してみた。15位のバンダイ(総合37位)、33位のホテルやレストランなどを運営するPlan・Do・See(総合117位)、51位の婚礼施設運営のエスクリ(総合178位)、56位ニュー・オータニ(総合91位)などが挙げられ、ホテル・レジャー系の台頭が目立つ。

次ページ就職人気ランキング・文系学生版1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT