北朝鮮の金正恩委員長、初めて韓国領内に

韓国大統領と笑顔で握手

 4月27日、南北首脳会談を控えた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が27日、軍事境界線を越えて韓国側に入り、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と対面し、握手を交わした。写真は提供映像(2018年 ロイター)

[ソウル 27日 ロイター] - 南北首脳会談に臨む北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が27日、軍事境界線を越えて韓国側に入り、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と対面し、握手を交わした。

両首脳は対面後、韓国の儀礼兵の護衛の下、首脳会談が開かれる板門店で歓迎式典に出席する。公式会談は0130GMT(同午前10時30分)に「平和の家」で開始される。

事前発表によれば、午前の会談後、両首脳は個別に昼食をとり、午後には記念植樹式を行う。植樹式では、両国がそれぞれの山と川から運んだ土と水を使い、「平和と繁栄」を象徴する松の木を植える。会談終了後には共同合意文書を発表する。その後、韓国側で夕食をとり、ビデオクリップを鑑賞して会談を終える予定。

会談が行われる「平和の家」(写真:ロイター)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。