「SUV×EV」戦略は混戦の中国市場でウケるか

北京ショー開幕、中国勢の躍進に日系も必死

4月25日に開幕した北京モーターショーで、BMWは中型SUV「X3」のEVモデル「iX3」を世界初公開した。自動車メーカー各社はこぞってSUVにEVを掛け合わせたモデルを出展している(記者撮影)

世界最大の自動車展示会、「北京国際モーターショー2018」が4月25日に開幕し、報道向け公開が始まった。世界14ヵ国・地域から計1200社あまりが参加。会場に並んだ1000台を超える出展車両では、今や外せないトレンドとなったSUV(スポーツ多目的車)が目立つ。自動車メーカー各社がSUVに力を入れる中、特に中〜大型のモデルが売れ筋で、業界関係者は「まるでアメリカのようだ」と語る。

上汽GM汽車は「BUICK」ブランドから、SUVのEVコンセプト「Enspire」を発表。米系もSUVのEV化に力を入れる(記者撮影)

今回のショーで注目されるのは、2019年から導入される中国政府の新エネルギー車(NEV)規制にメーカー各社がどう対応しているかだ。自動車メーカーは2019年までに中国における電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)・燃料電池自動車(FCV)の生産・販売比率を10%以上にしなければ、罰則が科される。各社は電動車の構成比率を上げようと必死だ。

SUV人気と環境規制の両方に対応

そんな中、独BMWが今回ワールドプレミアとして打ち出してきたのは、グローバルで展開する主力SUV「X3」を完全に電気だけで走らせる「iX3」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

一般的にバッテリーの効率を考えるとEVは、SUVなど重量がある大きな車には向かないはずだ。しかし、世界的なSUVブームが続いていることは、ユーザーがその使い勝手を評価しているということであり、メーカーも無視できない。そして、NEV規制への対応を考えると、台数のはけるSUVのEVモデルを開発せざるを得ない。BMWは消費者ニーズと規制対応の両方を「iX3」で満たす形だが、発売は2020年頃としばらく先になる。

次ページ日本車メーカーの出展車は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?