「SUV×EV」戦略は混戦の中国市場でウケるか

北京ショー開幕、中国勢の躍進に日系も必死

4月25日に開幕した北京モーターショーで、BMWは中型SUV「X3」のEVモデル「iX3」を世界初公開した。自動車メーカー各社はこぞってSUVにEVを掛け合わせたモデルを出展している(記者撮影)

世界最大の自動車展示会、「北京国際モーターショー2018」が4月25日に開幕し、報道向け公開が始まった。世界14ヵ国・地域から計1200社あまりが参加。会場に並んだ1000台を超える出展車両では、今や外せないトレンドとなったSUV(スポーツ多目的車)が目立つ。自動車メーカー各社がSUVに力を入れる中、特に中〜大型のモデルが売れ筋で、業界関係者は「まるでアメリカのようだ」と語る。

上汽GM汽車は「BUICK」ブランドから、SUVのEVコンセプト「Enspire」を発表。米系もSUVのEV化に力を入れる(記者撮影)

今回のショーで注目されるのは、2019年から導入される中国政府の新エネルギー車(NEV)規制にメーカー各社がどう対応しているかだ。自動車メーカーは2019年までに中国における電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)・燃料電池自動車(FCV)の生産・販売比率を10%以上にしなければ、罰則が科される。各社は電動車の構成比率を上げようと必死だ。

SUV人気と環境規制の両方に対応

そんな中、独BMWが今回ワールドプレミアとして打ち出してきたのは、グローバルで展開する主力SUV「X3」を完全に電気だけで走らせる「iX3」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

一般的にバッテリーの効率を考えるとEVは、SUVなど重量がある大きな車には向かないはずだ。しかし、世界的なSUVブームが続いていることは、ユーザーがその使い勝手を評価しているということであり、メーカーも無視できない。そして、NEV規制への対応を考えると、台数のはけるSUVのEVモデルを開発せざるを得ない。BMWは消費者ニーズと規制対応の両方を「iX3」で満たす形だが、発売は2020年頃としばらく先になる。

次ページ日本車メーカーの出展車は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT