日産が中国で描く「EVシフト」急加速の野望

シルフィ・ゼロエミッションなど6車種投入へ

オートチャイナ2018で新型EVのシルフィ・ゼロエミッションを発表した日産自動車(筆者撮影)

 明らかに成熟期に達した中国市場

場内は多くの人で混みあっているのだが、場の雰囲気としてあまり活気を感じない――。

それが、オートチャイナ2018(通称、北京モーターショー:2018年4月25日~5月4日)の報道陣向け公開日における率直な感想だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

過去20年近く中国各地で自動車産業を取材してきたが、需要が年間2000万台を超えてさらなる高みを目指す世界最大の自動車生産・販売国となった中国市場はいま、大きな転換期を迎えていると感じる。

会場内で目立つのは、やはりEV(電気自動車)だ。

中国政府は2019年からEV、プラグインハイブリッド車、燃料電池車などの電動車の販売台数を自動車メーカー各社に求める新エネルギー車規制法(通称NEV法)を施行する。

そうした自動車メーカーにとっての義務を果たすため、モーターショーでEVの出展が増えるのは当然だ。

EVベンチャーのNIOの量産車「ES8」(筆者撮影)

なかでも目を引くのは、NIOなどの中国地場EVベンチャーだ。技術開発が主体というイメージではなく、大きな投資マネーがうごめいており、今後の安定した事業の継続性についてはいささか疑問が残る。要するに、EVバブルっぽいのだ。

もう1点は、中国地場大手や中堅メーカーの展示の内容がおとなしくなってきたことだ。特に印象が深かったのが、吉利汽車。同社はスウェーデンのボルボの親会社で、またダイムラーの筆頭株主でもあるが、自社の広い展示スペースでの出展は地味なのだ。自らのハードウエアで勝負することよりも、投資家としての位置付けが強い。

次ページ日産は積極的に将来展望を示した
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。