共学校が男尊女卑を促しかねないという逆説

もはや絶滅危惧種!?男子校・女子校の魅力

また、女性にとって「産む選択」にはタイムリミットがある。女子たちは、中高生のうちから現実的に10年後、20年後の自分を思い描いているものだ。そのことが男子校にいるとわからない。その点、共学校の教室の中では、女子がどんなライフプランを思い描いているのかを、男子も間近でなんとなく感じることができる。逆に言えば、ここは男子校という環境のデメリットであろうと思う。

さらに、共学校であっても、男子だけの部活、女子だけの部活など、男女をわけて活動する機会があれば、男女別学校の空気を部分的に経験することはできるが、その逆はない。

男子校も女子校も共学校も選べる自由が大切

結論を言えば、おおかたの子どもたちは、男女別学校に行こうが共学校に行こうが大きな差にはならないと私は思う。どちらにもうまく適応し、それぞれの環境で学ぶべきことを学び、どちらの道を通ったとしても最終的には「その人らしく」育つはずだと信じている。

『開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす』(祥伝社新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかし中には、共学という環境が合わない男の子、女の子というのもいるのではないだろうか。男子校という環境でこそ伸びやすい子、女子校という環境でこそ伸びやすい子、共学校という環境でこそ伸びやすい子もいるのではないか。それこそ個人差だ。

以上の観点から、現時点での現実的な教育環境としては、男女別学か共学かという議論ではなく、男子校も女子校も共学校も選べる教育の多様性を担保することが大事なのではないかと思う。

とはいえ男子校文化も女子校文化も風前の灯火であることは先述の通り。これ以上減らせないのではないだろうか。「男子校・女子校は男女共同参画の趣旨に反するから禁止すべき」という主張こそ、教育の多様性を損なうという矛盾を無視することはできまい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT