アナハイムにどっと押し寄せる「大谷マニア」

大谷のジャージーが飛ぶように売れている

 4月20日、MLBのエンゼルスで今季から二刀流に挑戦する大谷翔平投手のホーム球場に、「大谷マニア」がどっと押し寄せている。写真右は日本から来たファンの西田さん。米カリフォルニア州アナハイムで19日撮影(2018年 ロイター)

[20日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)、エンゼルスで今季から二刀流に挑戦する大谷翔平投手(23)のホーム、米カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムに、「大谷マニア」がどっと押し寄せている。

日本から南カリフォルニアに30年前に移住し、日本からの友人2名と観戦に来たという男性の遠藤さんは19日、ロイターの取材に、「エンゼルスは特に夏の間、観光客が落とすお金で儲かるだろう。ここは気候がいいし日本にも近い」と語った。

スタジアムでは大谷のジャージーが飛ぶように売れ、新商品の大谷ボブルヘッド人形もベストセラーになると販売員は見込んでいる。

東京に住む25歳男性の西田さんは、初めての米国旅行で空港からスタジアムに直行。エンゼルスタジアムで3試合観戦して帰国するといい、自作のサインボードを手に「大谷は日本のスーパープレーヤー」と笑顔を見せた。

約17年前に日本から南カリフォルニアに移ったという男性の村石さんは、元々ドジャースファンだが大谷は応援せずにはいられないとコメント。大谷がいることで日本にいる友人や家族と再びつながりが持てると語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。