五輪金メダリスト、「性的虐待は何百回も」

「五輪に行くための代償だ」と言われた

ナサール被告(写真:REUTERS/Rebecca Cook)

マロニーさんは、22日に放送される米NBCの「デートライン」のインタビューで、数年にわたるナサール被告からの性的虐待について語る。米体操連盟でかつてコーディーネーターを務めたベラ・カロリー、マルタ・カロリーの両氏も性的虐待問題について初めて発言する。

ナサール被告(写真:REUTERS/Rebecca Cook)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT