五輪金メダリスト、「性的虐待は何百回も」

「五輪に行くための代償だ」と言われた

 4月18日、体操の元米国代表選手で、ロンドン五輪金メダリストのマケイラ・マロニーさん(写真)は米テレビ番組に対し、米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告から「何百回」もの性的虐待を受けたと明かした。ロンドンで2012年7月撮影(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[18日 ロイター] - 体操の元米国代表選手で、ロンドン五輪金メダリストのマケイラ・マロニーさんは18日、米テレビ番組に対し、米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告から「何百回」もの性的虐待を受けたと明かした。

260人以上がナサール被告から性的虐待

同被告は女子選手に対する虐待行為を認め、終身刑の判決を受けた。当局はマロニーさんの五輪でのチームメート数人を含む260人以上が同被告から性的虐待を受けたとしている。

マロニーさんは、初めて虐待された日に「身体をチェックする。このことは誰にも分からないし、五輪に行くための代償だ」と言われたと述べた。その言葉を聞いて、「私もこのことは誰にも話したくないし、誰にも理解してもらえないだろうと思った」と心の内を明らかにした。

次ページ米NBCの「デートライン」で告白
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。