五輪金メダリスト、「性的虐待は何百回も」

「五輪に行くための代償だ」と言われた

 4月18日、体操の元米国代表選手で、ロンドン五輪金メダリストのマケイラ・マロニーさん(写真)は米テレビ番組に対し、米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告から「何百回」もの性的虐待を受けたと明かした。ロンドンで2012年7月撮影(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[18日 ロイター] - 体操の元米国代表選手で、ロンドン五輪金メダリストのマケイラ・マロニーさんは18日、米テレビ番組に対し、米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告から「何百回」もの性的虐待を受けたと明かした。

260人以上がナサール被告から性的虐待

同被告は女子選手に対する虐待行為を認め、終身刑の判決を受けた。当局はマロニーさんの五輪でのチームメート数人を含む260人以上が同被告から性的虐待を受けたとしている。

マロニーさんは、初めて虐待された日に「身体をチェックする。このことは誰にも分からないし、五輪に行くための代償だ」と言われたと述べた。その言葉を聞いて、「私もこのことは誰にも話したくないし、誰にも理解してもらえないだろうと思った」と心の内を明らかにした。

次ページ米NBCの「デートライン」で告白
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT