カジノは上限3カ所、「厳しめ与党合意」の波紋

IR実施法で笑う自治体、泣く自治体

まず、重要論点11項目の合意結果を以下に紹介する。

・「カジノ施設規模」は、IR施設の延床面積の3%以下に制限する

・「入場回数制限」は、7日間に3回、28日間で10回とする

・「本人・入場回数確認手段」は、マイナンバーカードを活用する

・「入場料」は、1回あたり6000円とする

・「納付金率」はグロス・ゲーミング・レベニュー(ハウス勝ち分)の30%の定率とする

・「カジノ管理委員会」は、5人の委員、国会同意人事など

・「IR区域認定数」は、3カ所を上限として法定する

・「区域認定数の見直しの時期」は最初の区域認定から7年経過後とする

・「中核施設の要件・基準」は、我が国を代表することとなる規模等を政令等で規定する

・「立地市町村との関係」は、認定申請する自治体(都道府県または政令指定市)では行政同意と議会議決、立地市町村は行政同意を要件とする

・「開業までのプロセス」は、早期かつ手続きの確実性を確保。申請・認定のプロセスを2回行うことを検討する

意見が分かれたのは?

これら11項目のなかでも、自民党案、公明党案の意見が分かれ、関係者の関心が高かったのは、「カジノ施設規模」「入場回数制限」「入場料」「納付金率」「IR区域認定数」「中核施設の要件・基準」の6項目であった。

最初から4つの項目は、カジノ事業収益に直接の影響を与える項目。最後の2つの項目は、地方部におけるIRの設置可能性に大きな影響を与える。

それぞれ、誘致自治体、IR事業への参画を検討する国内企業、海外IR事業者などが、神経をとがらせ、国会議員に積極的にロビーイング、意見具申を行った。

与党協議で、自民党が重視したスタンスは、(1)地方にIRの可能性を開くべき、(2)IRの国際競争力、事業性、投資環境の視点、であった。これに対して、公明党は、カジノに対する慎重スタンスを前面にアピールする展開となった。

次ページ重要論点における自民党と公明党の綱引き
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。