カジノは上限3カ所、「厳しめ与党合意」の波紋

IR実施法で笑う自治体、泣く自治体

まず、重要論点11項目の合意結果を以下に紹介する。

・「カジノ施設規模」は、IR施設の延床面積の3%以下に制限する

・「入場回数制限」は、7日間に3回、28日間で10回とする

・「本人・入場回数確認手段」は、マイナンバーカードを活用する

・「入場料」は、1回あたり6000円とする

・「納付金率」はグロス・ゲーミング・レベニュー(ハウス勝ち分)の30%の定率とする

・「カジノ管理委員会」は、5人の委員、国会同意人事など

・「IR区域認定数」は、3カ所を上限として法定する

・「区域認定数の見直しの時期」は最初の区域認定から7年経過後とする

・「中核施設の要件・基準」は、我が国を代表することとなる規模等を政令等で規定する

・「立地市町村との関係」は、認定申請する自治体(都道府県または政令指定市)では行政同意と議会議決、立地市町村は行政同意を要件とする

・「開業までのプロセス」は、早期かつ手続きの確実性を確保。申請・認定のプロセスを2回行うことを検討する

意見が分かれたのは?

これら11項目のなかでも、自民党案、公明党案の意見が分かれ、関係者の関心が高かったのは、「カジノ施設規模」「入場回数制限」「入場料」「納付金率」「IR区域認定数」「中核施設の要件・基準」の6項目であった。

最初から4つの項目は、カジノ事業収益に直接の影響を与える項目。最後の2つの項目は、地方部におけるIRの設置可能性に大きな影響を与える。

それぞれ、誘致自治体、IR事業への参画を検討する国内企業、海外IR事業者などが、神経をとがらせ、国会議員に積極的にロビーイング、意見具申を行った。

与党協議で、自民党が重視したスタンスは、(1)地方にIRの可能性を開くべき、(2)IRの国際競争力、事業性、投資環境の視点、であった。これに対して、公明党は、カジノに対する慎重スタンスを前面にアピールする展開となった。

次ページ重要論点における自民党と公明党の綱引き
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT