人生で1000万円得するための家計の見直し方

家計を5つに分解すると、改善点が見えてくる

新年度に、貯金方法を見直してみてはいかがでしょうか(写真:takasuu/iStock)

新年度になりました。気分一新、今年度の目標を掲げるいいタイミングです。貯金についても、「目標額」をいつも達成できない人はやり方を見直し、新たなスタートを切るのはどうでしょうか。

おカネの流れは、実はたった「5つのステップ」に分けて整理することができます。そして、この「5つのステップ」のどこかに必ず問題が潜んでいます。どんな家庭でも、このおカネの流れを5つに分解してみると、隠れた改善点が見つかるはずです。

そして改善によって1000万円くらいのおカネが生まれる可能性もあります。今回は、家庭でできるおカネの問題の整理方法をまとめてみたいと思います。

おカネの流れ「5つのステップ」

①稼ぐ

今までよりも多く世帯の合計年収を増やす方法がないか考えてみるのが第1ステップです。どんな節約術よりも先に、どんな投資術よりも先に、年収を増やす方法を模索してみるべきです。「絶対に無理」と思っている人ほど案外年収を増やせたりします。

②使う/節約する

今までよりも少ないコストで生活が維持できればその差額が貯蓄額に変わります。よりローコストでやり繰りできる方法を考える「節約」は、おカネを生み出すという点では「運用術」でもあるわけです。

③貯める/増やす

収支の差額は貯蓄として蓄えられていくわけですが、高金利局面であればより高金利の預け先を考える必要があります。超超低金利の現在では、銀行選びだけではない資産運用を考える必要があります。ただし長い目で見て勝てる選択肢を堅実に選ぶことがポイントになります。

④借りる/返す

ローンと名のつくものはどんなにカジュアルなイメージがあっても、利息のつく借金でしかありません。可能であれば借りないことが大事で、そのためには先回りしておカネを貯める習慣が必要になります。またどうしても借りざるをえないなら、短期で低利で借りることが重要です。

⑤備える

リスクに少額で備えることができ、万が一の高額の支出に対応できるのが保険の役割です。死亡保障、交通事故の補償など保険を必要とするシーンは確かにあります。しかし、払いすぎの保険は家計の圧迫要因になっていることがしばしばです。

前者の3つのステップは、今日からリタイア生活に入るまでのあいだつねに考えていかなければならないテーマです。後者の2つのステップは、契約をするとき、ないし契約を見直すときにしっかり考えておけばよい種類のものです。あなたのおカネの問題は、どこにありそうですか。どこかにひとつは課題が見つかりはしないでしょうか。

次ページ ひとつの改善で1000万円のお得も?
人気記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。